SMTP_Bcc

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_Bcc (smtp_ID; blindCarbon{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
blindCarbonテキストAddressList
deleteOption整数0 = 追加, 1 = 置き換え, 2 = 削除
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_Bcc コマンドは、smtp_ID で指定されるメッセージに、ブラインドカーボンコピーの受信者を追加します。Bcc: フィールドへの受信者の追加は必須ではありません。

グループにメールを送信する際、AddressListを他の受信者に表示させないようにする唯一の方法は、アドレスを"Bcc"ヘッダに記載することです。"Bcc"ヘッダにリストされたアドレスは、メッセージヘッダや本文には含まれません。"Bcc"に記載されたアドレスは、メールのすべての受信者に対して表示されません。

"Bcc"の受信者は"To" や "Cc" に記載された受信者を見ることができます。しかしすべての受信者は"Bcc"の受信者を見ることはありません。しばしばグループ宛へのメールでは、すべての受信者を"Bcc"ヘッダに記載して送信されます。これにより、受信者に膨大なアドレスリストを表示させたり、アドレスリストが他の受信者に漏れることを防ぐことができます。

"Bcc"を利用するもう一つのケースは、多くのメールアプリケーションに実装されている、"全員に返信"を使用されるケースです。この機能は"To" や "Cc"に記載されているすべての受信者を返信メールの宛先に設定するものです。すべての受信者を"Bcc"ヘッダに置くと、オリジナルメッセージの受信者すべてに返信が送信されることを防ぐことができます。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成される倍長整数のメッセージ参照です。

blindCarbon は一つ以上のメールアドレスで構成されるAddressListです。

deleteOption は"Bcc"ヘッダに値を追加するか削除するかをしている整数値です。

・0を指定すると、"Bcc" フィールドに新しい値を追加します。

・1を指定すると、以前に設定されていた値を上書きして、"Bcc" フィールドに新しい値を設定します。(空の文字列blindCarbonに渡すと、ヘッダがメッセージ殻取り除かれます。)

・2を指定すると、"Bcc" フィールドに設定されていた値が取り除かれ、ヘッダがメッセージから取り除かれます。

deleteOption はオプションの引数で、省略した場合のデフォルト値は0です。

例題

この例題ではメッセージが作成され、スタティックな要素はループの外側で構築されます。その後、[People] テーブルのレコード毎にアドレスがBccに追加されます。

   $error:=SMTP_From ($smtp_id;"sales@massmarket.com")
   $error:=SMTP_Subject ($smtp_id;"Terrific Sale! This week only!")
   $error:=SMTP_Body ($smtp_id;$GenericBody)
   For($i;1;Records in selection([People]))
      $error:=SMTP_Bcc ($smtp_id;[People]Email;0)   `このアドレスをBCCリストに追加
      NEXT RECORD([People])
   End for
   $error:=SMTP_Send ($smtp_id)   `メッセージを全員に送信
   $error:=SMTP_Clear ($smtp_id)

参照

SMTP_Cc, SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次