SMTP_To

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_To (smtp_ID; msgTo{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
msgToテキストMailAddress または AddressList
deleteOption整数0 = 追加, 1 = 置き換え, 2 = 削除
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_To コマンドはメッセ−ジの主たる受信者を指定するために使用します。"To" および "cc" ヘッダにリストされたアドレスはそれぞれのメッセージ受信者に表示されます。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成される、倍長整数のメールメッセージ参照です。

msgTo は一つ以上のアドレスを含むAddressListです。

deleteOption は、"To"ヘッダに追加するかまたは削除するかを指定する整数値です。

・0を渡すと、新しい値を"To" フィールドに追加します。

・1を渡すと、以前に設定されていた値を上書きして、"To" フィールドに新しい値を設定します。(msgToに空の文字列を渡すと、このヘッダは取り除かれます。)

・2を設定すると"To" フィールドに事前に設定されていた値は削除され、このヘッダはメール殻取り除かれます。

deleteOption はオプションの引数で、制定しない場合のデフォルト値は0です。

例題

SMTP_Bodyの例題を参照してください。

参照

SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次