SMTP_ReplyTo

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_ReplyTo (smtp_ID; replyTo{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
replyToテキストMailAddress または AddressList
deleteOption整数0 = 既存のリストに追加,
1 = 古い値を新しい値で置き換え,
2 = 指定された値を取り除く
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_ReplyTo コマンドはメッセージへの返信を管理するアカウントを指定するために使用します。通常メールへの返信は"From"ヘッダに記載されたアドレスに対して行われます。"ReplyTo"ヘッダを設定すると、メッセージへの返信先のデフォルト値を変更できます。

データベース開発者にとって、SMTP_ReplyTo はとてもパワフルなツールであり、自動メールへの返信先をコントロールするために使用できます。ユーザは、返信を追跡するために作成されたアカウントなど、FromやSenderのアドレス以外に返信メールが送られるよう要望するかもしれません。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成される倍長整数のメールメッセージ参照です。

replyTo は一つ以上のアドレスからなるAddressListです。このフィールドにリストされたアドレスは、受信者のメールソフトで、デフォルトのメール返信先として使用されます。

deleteOptionreplyToにリストされたメールアドレスをどのように処理するかを指定する整数値です。0を指定した場合、このヘッダに事前に設定された値に新しい値を追加します。1を指定すると、事前に設定された値が新しい値で置き換えられます。replyTo が文字列なら、事前に設定された値は取り除かれ、ヘッダも削除されます。2を指定した場合、指定した値が事前に設定した値から取り除かれます。deleteOption はオプションの引数であり、指定しない場合のデフォルト値は0です。

例題

この例題では、3人の管理者がメッセージを作成し、秘書が実際にメールを送信します。このメッセージへの返信は秘書と"personnel_dept"に送信され、管理者には送られません。

   $From:="prez@acme.com, vp@acme.com, cfo@acme.com"
   $Error:=SMTP_From ($smtp_id;$From;0)
   $Error:=SMTP_Sender ($smtp_id;"secretary@acme.com";0)
   $Error:=SMTP_ReplyTo ($smtp_id;"secretary@acme.com, personnel_dept@acme.com";0)
   $Error:=SMTP_Subject ($smtp_id;"Company Policy Change";0)
   $Error:=SMTP_To ($smtp_id;<>AllEmployee;0)

参照

SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次