SMTP_From

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 6.5


SMTP_From (smtp_ID; msgFrom{; deleteOption}) 整数

引数タイプ説明
smtp_ID倍長整数メッセージ参照
msgFromテキストMailAddress または AddressList
deleteOption整数0 = 追加, 1 = 置き換え, 2 = 削除
戻り値整数エラーコード

説明

SMTP_From コマンドは、メッセージの"From" フィールドにリストされるメールアドレスのリストを構築します。このフィールドのアドレスはメッセージ作成や認証に責任のある人々です。通常、"From"ヘッダにはメッセージを作成/送信した人の一つのアドレスが含まれます。ただし複数の人によりメッセージが作成されたという状況では、"From"にそれらの人のアドレスをリストすることもあります。

"From"ヘッダは必須です。"From"ヘッダにアドレスが指定されていれば、"Sender"ヘッダはオプションです。

smtp_IDSMTP_New コマンドで作成される倍長整数のメールメッセージ参照です。

msgFrom 一つ以上のメールアドレスからなるAddressListです。Fromヘッダに記載されたアドレスは受信者に表示されます。

返信先について: smtp_ID で指定される"ReplyTo"ヘッダがメッセージに定義されていない場合、メッセージの返信先には"From"ヘッダに記載されたそれぞれのアドレスが指定されます。

deleteOption は"From"ヘッダを追加または削除するかを指定する整数値です。

・0を指定した場合、"From" フィールドに新しい値を追加します。

・1を指定した場合、"From" フィールドに新しい値が設定され、以前の値は置き換えられます。(msgFromに空の文字列を渡すと、ヘッダはメールエンベロープから取り除かれます。)

・2を指定した場合、"From" フィールドから以前に追加した値を取り除き、メールエンベロープからヘッダを取り除きます。

deleteOption はオプションの引数で、指定しない場合のデフォルト値は0です。

例題

例題では、3人の人がメッセージの作成に関わっています。このメッセージへの返信メールには、"From"ヘッダの3人のアドレスが設定されます。

   $From:="prez@acme.com, vp@acme.com, cfo@acme.com"
   $Error:=SMTP_From ($smtp_id;$From;0)
   $Error:=SMTP_Subject ($smtp_id;"Company Policy Change";0)
   $Error:=SMTP_To ($smtp_id;<>AllEmployee;0)

参照

SMTP_New.


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次