引数フォーマット

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 11 (Modified)


ここではマニュアルで使用される主要な引数の意味やフォーマットを説明します。

引数タイプ説明
hostName文字列ホスト名 (例: "www.companyname.com")
IPアドレス (例: "204.118.90.2")
ip_LongInt倍長整数IPアドレス参照
mailAddressテキスト例: "jsmith@4d.com"
addressListテキスト例: "jsmith@4d.com, jdupont@4d.fr" または
"jsmith@4d.com"+Char(13)+"jdupont@4d.fr"
localPathテキスト- ドキュメント
Mac: "My Hard Drive:4DDB:SalesDB:Report"
Win: "C:\MyDrive\4DDB\SalesDB\Report.txt"
- Directory
Mac: "My Hard Drive:CoolStuff:" (Note trailing ":")
Win: "C:\MyDrive\CoolStuff\"
hostPathテキスト- ドキュメントt
"/usr/jsmith/reports/salesreport.txt"
- ディレクトリ
"/usr/jsmith/reports/"(最後の"/"に注意)
tcp_ID倍長整数開かれたTCPセッションの参照
smtp_ID倍長整数メールメッセージ参照
pop3_ID倍長整数開かれたPOP3セッション参照
imap_ID倍長整数開かれたIMAP接続参照
ftp_ID倍長整数開かれたFTPセッション参照
udp_ID倍長整数UDPソケット参照
戻り値整数エラーコード

hostName

hostNameは、"dns.4d.com"や"204.118.90.2"などのホスト名またはIPアドレスです。ホスト名はDomain Name System (DNS) を使用して解決されます。デフォルトおよびセカンダリDNSはたいていTCP/IPコントロールパネルで設定します。引数としてhostNameを必要とするすべての4D?Internet?Commandsは、ホスト名 ("www.4d.com") または IPアドレス ("204.118.90.2") 形式を受け付けます。ホスト名形式を使用すると、リモートサイトのマシン変更などに対応できるため、こちらの利用がが推奨されます。

ip_LongInt

すべてのホスト名はIPアドレスの解決することができます。IPアドレスに数学的な計算を行うことでユニークな倍長整数値に変換できます。NET_NameToAddrNET_AddrToNameコマンドを使用して、これらの変換処理を行うことができます。この倍長整数値は、ドキュメントを通してip_LongIntとして参照されます。倍長整数値は直接的なTCP接続を行うなどの特別な状況でのみ使用されます。開発者によっては、ディスクスペースを減らす目的で、文字列のIPアドレスよりこの倍長整数値をレコードに保存することを選択するかもしれません。しかしIPV6との互換性の理由から、倍長整数値の利用を避けることをお勧めします。

mailAddress

mailAddressはメールの使用に完全に準拠した"user_name@domain_name"のフォーマットです。このドキュメントでは、mailAddress一つのメールアドレスを指します。一つ以上のメールアドレスを受け付けるすべての4D Internet Commandsの引数は特にaddressList.と示されます。引数にmailAddressとだけ指定されている場合には、一つのメールアドレスのみが受け付けられます。mailAddressのフォーマットは、ユーザ名とドメイン名を含む完全な参照です。

"Felix Unger" <felix@pristine.com>
oscar@slobs.com (Oscar Madison)

addressList

addressList一つ以上のメールアドレスを含み、それぞれのアドレスはコンマまたはキャリッジリターンで区切られます。キャリッジリターンによる区切りは、複数ユーザのリストをテキストフィールドへの入力やペーストで提供する際に便利です。以下の三つの例は、$AddressListに有効なメールアドレスのリストを代入します。

   $AddressList:="jsmith@4d.com"

   $AddressList:="jsmith@4d.com,scott@4d.com,marcel@4d.fr"

   For ($i;1;Size of array(aAddresses))
      $AddressList:=$AddressList+aAddresses{$i}+Char(13)
   End For 

localPath

localPathは、 (MacまたはWindowsの) ローカルマシン上のファイルやディレクトリの場所です。Macintoshではディレクトリ区切り文字にコロンを使用します。たとえば"My Hard Drive"ハードディスク内にある"Reports"フォルダ内のファイル"My Report"は、パス名が"My Hard Drive:Reports:My Report"となります。Macintoshではディレクトリを示すためにはコロンで終わります。たとえば同じフォルダにレポートを格納したい場合、ディレクトリは"My Hard Drive:Reports:"で参照できます。 ファイルまたはディレクトリどちらを参照するかは、コマンドが呼び出されたコンテキストにより決定されます。同様のフォーマットをWindowsで使用できますが、ディレクトリ区切り文字は円マークを使用します。

hostPath

hostPathはUnix OSシンタックスで記述されたファイルまたはディレクトリの場所です。Unix環境ではディレクトリはスラッシュで区切られます。たとえば"4D"ディレクトリ内のファイル"report.txt"は"/4D/reports/report.txt"で表現されます。ディレクトリのパス名はスラッシュで終了します。フルパス名はボリュームのルートを示すスラッシュで開始します。

smtp_ID, pop3_ID, imap_ID, ftp_ID, tcp_ID, udp_ID

4D Internet Commandsのそれぞれのセクションを通して、ほとんどのコマンドで数値のIDを参照します。それぞれの通信機能は倍長整数型IDで表現される独自のセッションを確立します。それに続くコマンドはこの値を使用して、適切なチャンネルを通じた通信を行います。

それぞれの節 (SMTP, POP3, IMAP, FTP, TCP, UDP) で取得できる"ID"番号を他の節のコマンドのIDとして渡すことはできません。しかし4D Internet Commandsでは、POP3, IMAP および FTP接続参照を直接低レベルのTCPコマンドに渡すことができます。またその逆も可能です。詳細な情報は低レベルルーチン - 概要の節を参照してください。

セッション参照開くコマンド閉じるコマンド
tcp_IDTCP_Open または TCP_ListenTCP_Close
smtp_IDSMTP_NewSMTP_Clear
pop3_IDPOP3_LoginPOP3_Logout または POP3_VerifyID
imap_IDIMAP_LoginIMAP_Logout または IMAP_VerifyID
ftp_IDFTP_LoginFTP_Logout または FTP_VerifyID
udp_IDUDP_NewUDP_Delete

戻り値

すべての4D Internet Commands (IT_ErrorTextIT_Versionを除く) はコマンドの結果として整数値を返します。この整数値にはコマンド実行時に発生したエラーコードが含まれています。

コマンドが正しく実行されると0が返されます。そうでなければエラーコードが返されます。4D Internet Commandsのエラーコードの詳細は、Appendix C, 4D Internet Commands Error codesを参照してください。


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次