インストールおよび最低動作環境

4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次

version 11 (Modified)


インストール


“4D Internet Commands”プラグインは、他のプラグインと同様の方法で4Dに統合することができます。

4D Internet Commandsをインストールするには、4Dまたはデータベースストラクチャファイルと同階層にPlugInsフォルダを作成し、そのなかにプラグインを配置します。

最低動作環境


4Dで4D Internet Commandsを使用するための最低動作環境を説明します。以下に示す条件すべてに適合する必要はなく、使用するコマンドに関連する条件を満たしていれば結構です。TCP/IPプロトコルやTCP/IPスタックを使用した通信のすべての外部呼び出しは、すべての機能で必要とされます。

システム

システムの最低動作環境は4Dと同じです。詳細は4Dインストールガイドを参照してください。

4D (Mac & Windows)

- 4D v11以降

BSD, Winsock

4D Internet CommandsのすべてのコマンドはTCP/IPプロトコルを使用して通信を行います。このコマンドを実行するすべてのコンピュータは、TCP/IPドライバがインストールされ、ユニークなIPアドレスやその他が正しく設定されていなければなりません。ほとんどのOSではTCP/IPドライバはプリインストールされています。たとえばMacintoshにはBSD Socketsが、WindowsにはWinsockがインストールされています。

TCP/IPの設定については、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

ネットワークへの接続

4D Internet Commandsのコマンドを使用するには、TCP/IPをサポートするネットワークにアクセスできなければなりません。

ドメインネームサーバ

4D Internet Commandsの多くのコマンドは、ドメインネームサーバへのアクセスを必要とします。詳細は、ネットワーク管理者に問い合わせてください。

SMTPメールサーバ

SMTPコマンドを使用してメールを送信するには、送信者がSMTPメールサーバにアクセスできなければなりません。

POP3メールサーバ

POP3コマンドを使用するには、POP3メールサーバのアカウントが必要です。

IMAPメールサーバ

IMAPコマンドを使用するには、IMAPメールサーバのアカウントが必要です。


4D - Documentation   French   English   German   日本語   4D Internet Commandsコマンドテーマリスト   4D Internet Commandsインデックス   戻る   前   次