COMPANY

BLOGS

  • user warning: Unknown column 'u.signature_format' in 'field list' query: SELECT c.cid as cid, c.pid, c.nid, c.subject, c.comment, c.format, c.timestamp, c.name, c.mail, c.homepage, u.uid, u.name AS registered_name, u.signature, u.signature_format, u.picture, u.data, c.thread, c.status FROM comments c INNER JOIN users u ON c.uid = u.uid WHERE c.nid = 26817 AND c.status = 0 ORDER BY c.cid LIMIT 0, 50 in /var/www/www.4d.com/docs/modules/comment/comment.module on line 991.
  • warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.81.195.140) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

Mountain LionのGatekeeperについて

25.07.2012
by 4D Team

アップル社よりMountain Lionがリリースされました。同OSをインストールされた方は Gatekeeperと呼ばれる新機能をまず目にすることになるでしょう。

 

Gatekeeperは不正なアプリケーションのダウンロードからユーザーを守るよう設計され、デフォルトでMac App Store以外からダウンロードされたアプリケーションや、アップルが認証した証明書でサインされていないアプリケーションの実行をブロックします。

 

Mountain Lionにアップグレード後、すでにディスク上にインストールされている4Dアプリケーションは今まで通り動作します。しかしアップグレード以降にダウンロードした4Dは、インストールオプションに関わらず、以下のような警告が表示されます:

Mountain Lion alert

この動作に対しては回避策が用意されています。Gatekeeperは不正なアプリケーションがダウンロードおよび実行されてしまうことを避ける目的で実装されており、ユーザーは明示的にアプリケーションの実行を許可できるという点に注目してください。アプリケーションの実行を許可するためにはシステム環境設定の設定内容を変更し、ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可するか、アプリケーションを実行する際にControlまたは右クリックによってコンテキストメニューからそのアプリケーションだけの実行を許可します。後者の場合、その処理は最初の一回だけ必要です。二回目以降、そのアプリケーションは通常通りに開かれます。

Mountain Lion security

オンラインインストーラーをダウンロードした場合、そのインストーラーに対して上記動作を行うことにより、そのインストーラーからインストールされた4DアプリケーションはGatekeeperの制御の対象外となるはずです。

 

将来のバージョンではアップル社の認証キーを含めることで、この制限を取り除く予定であり、現在作業中です。

 

4D Volume Desktopエンジン組み込みアプリケーションを配布している4D開発者の方への情報: アプリケーションをネットワーク経由で配布しているためにGatekeeperの制限の対象となる場合、ご自身でアップル社の認証キーを入手し、アプリケーションに署名しなければなりません。Apple Developerアカウントをお持ちの方は認証キーをMac Dev Centerから入手できます。