BLOGS

4D PRODUCT LINE

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.227.51.103) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

4Dプロダクトライフサイクル

将来のバージョンへの広範囲に及ぶ研究開発を継続するのと同時に、4Dは最新リリースのメンテナンスを可能な限り継続させ、あるバージョンから次のバージョンへの移行が容易になるよう常に努力しています。このページではプロダクトラインのスケジュールをまとめていて、ソフトウェアのアップグレードや購入、サポート予定の参考にしていただけます。

定期的に更新される下記の表にはプロダクトラインごとのライフサイクルが示されており、新規購入、アップグレード、サポート受付の判断材料のひとつにすることができます。


ご質問がある場合はお住まいの地域の4D代理店にお問い合わせください。アプリケーションのライフサイクルに関する時間的な制約を取り除く Maintenance プログラムもご参照ください。

 

       

プロダクトライン

ソフトウェアダウンロード

現行4Dソフトウェアの最新バージョンはこのページからダウンロードできます。有効なライセンス番号を入力すれば30日の試用期間後も製品を使用できます。

Rリリース

4D v16製品をご利用の方は右側の『4D v16』のタグをクリックしてください。このRリリース4Dパートナーメンテナンス付きのライセンスをお持ちのユーザーに限り利用できます。

革新的なRリリースを利用しましょう

Rリリース・バージョンによって、100%テストされた安定した機能が数ヶ月ごとに入手でき、製品化の準備ができます。

ビジネスを始めて30年以上、4Dは革新を止めませんでした。そしていま、4Dプロダクト・サイクルをRリリースによって改革します。この改革によって以下の利点がもたらされます:

  • 3 -4 ヶ月ごとに新しい機能が入手できます
  • すべてテスト済みの新機能を含み、製品化を準備できる安定バージョン
  • より速い、より調整されたプロセスがあなたのフィードバックでさらに微調整されます
  • Rリリース機能について話し合う フォーラム 

 

 

 4D v16の最新Rリリースについて:

 

4D Server

4D Serverは、パワフルなリレーショナルデータベース、SQLサーバ、アプリケーション・サーバがひとつに統合されたユニークなソフトウェアです。クロスプラットフォームであり、MacあるいはWindowsで運用することができます。

4D Serverは、クライアントの効率的なアクセスを管理するための特殊なプロセスを実行しており、バックアップやメモリの最適化などの管理タスクは、サーバが自動的にマネジメントしています。クライアントの更新も自動化することができるので、ゼロアドミニストレーションに限りなく近い運用環境を構築することができます。

ソフトウェア

4D v16

4Dは一つの統合された環境だけで、桁違いなデータベースエンジンのパワーと、ワールドクラスアプリケーションの設計、そしてそれをユーザーのもとで運用するための機能がすべてそろっています。4D v16はより完成され、スケーラブルで拡張可能な最先端のビジネスアプリケーションを構築する環境を提供します。 

最高のソリューションを世界に届けたい

4D-OS対応早見表

下記の早見表は4Dバージョン毎の最終リリースがサポートしている代表的なOSを一目で確認できるようにまとめたものです。購入・アップデートの参考にお役立てください。マイナーアップデート(11.6など)毎のサポートレベル(Certified/Compatibleなど)が記された詳細な技術資料は、資料ページの「互換性」の各種対応表ページから入手することができます。


ご質問がある場合は、お住まいの地域の4D代理店にお問い合わせください。アプリケーションのライフサイクルに関する時間的な制約を取り除く Maintenance プログラムもご参照ください。

 

*表中の4Dの各バージョンをクリックすると詳細な対応表が表示されます。 

 

Microsoft Windows

Rリリースについてよくある質問

Rリリースに含まれる新機能はどのようなもの?

新しい機能はそれぞれメインの開発ブランチ(分派)で開発されました。各機能ごとに使用しない選択ができるように開発されています。また、それぞれの機能はそのタイプによって、自動および手動によるテストを行っています(自動テストを優先し、いつでも再実行できるようにしています。)

 

例えば、3-4ヶ月ごとに新しい4D v15 Rxブランチをメインの開発ブランチから作ります。ブランチが作られたときに、"ready"(つまりすべてテスト済み)の機能のみキープされます。他のテストが完了していない機能はまもなく終わるとしても、すべて無効にします。「完了間近」の機能は次のRリリースに延期されます。

 

このコンセプトはバージョンが準備できた時にリリースするためであり、特定の日にリリースするために機能をカットする、あるいは質を落とすということではありません。 

 

最先端のビジネスアプリケーション

ビジネスアプリケーションエコシステムは進化しているため、ソリューションを作成しユーザーに提供するためのツールもそうでなければなりません。4D v14は、開発者とエンドユーザーに高い生産性とWebとモバイルへとソリューションを拡張する新しい手段を提供します。

 

4D Web Application Expansion

4Dアプリケーションに組み込まれたHTTPサーバーへの無制限接続ライセンスです。

4D Webアプリケーションは、極めて柔軟で包括的なビルトインWebサーバーだけで作成することができます。

 

4D OEM Desktop

4D OEM Desktopは、パッケージアプリケーションを大勢のユーザに対して配布することを計画しているデベロッパ、特定のニーズと展開の計画に合わせてデザインされたライセンスを希望している方のがための配布ライセンスです。
4D OEM Dekstop