BLOGS

SERVER

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.81.178.153) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

XMLセミナー開催のご案内

 

XMLセミナーは, 4D v11/v12を使用中であり, XMLプログラミングを基本から体系的に学習することに関心をお持ちの方々が対象のトレーニングコースです。4DのXMLコマンドの使い方をしっかり理解し, XML文書の生成や解析に必要なテクニックを習得することができます。 Webサービスなど, 外部アプリケーションと連動する必要のあるソリューションの開発者は必聴のセッションです。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。

 

〜内容〜

 

■準備(v11/v12セミナー共通)

総合セミナー開催のご案内

 

総合セミナーは, はじめて4D v11/v12を使用される方々, あるいは以前に4th Dimensionを使用したことがあるものの, しばらく遠ざかっていたためにブランクを感じている方々が対象です。4D言語とSQL言語の併用によるデータベースの管理, アサーションやエラーハンドリングやコンポーネントを使用したメソッドの作成, ダイナミック変数やウィジェットを活用したフォームの作成など, 4D v11/v12以降の標準的な方法論に基づき, アプリケーションが完成するまでの過程を効率よく習得することができます。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。


〜内容〜

プラグイン作成セミナー開催のご案内

 

プラグイン作成セミナーは, 4D v11/v12を使用しており, プラグインの作成に関心を持っている方々が対象です。XCodeおよびVisual Studioを使用し, 4D Plugin Wizardで設定されたプロジェクトにC/C++/Objective-Cコードを追加してコンパイルまたビルドするまでの過程をマスターすることができます。オリジナルまたは既存のライブラリをアプリケーションに組み込むことを検討しているデベロッパは必聴の講習です。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。 

 

〜内容〜

 

■準備(v11/v12セミナー共通)

XSLTセミナー開催のご案内

 

XSLTセミナーは, 4D v11/v12を使用中であり, XMLプログラミングのスキルアップに関心をお持ちの方々が対象のトレーニングコースです。XMLを他のテキスト形式に変換するためのテクニックであるXSLTをマスターすれば, 用途に応じてさまざまな形式にXMLデータが加工できるようになり,ファイル出力の処理能力が飛躍的に向上します。特定のデータ規格に対応する必要がある業務アプリケーションの開発者は必聴のセッションです。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。

 

〜内容〜

 

■準備(v11/v12セミナー共通)

4D SQL Expansion

4D Server に対する外部からのSQL接続数を無制限にする拡張ライセンス。

4D SQL Expansion は, 接続数の制限なく, 4D Server アプリケーションに対して外部からのSQL接続が確立できるようにするライセンスです。

 

このライセンスをインストールしていない場合, それぞれのSQL接続は, 同時接続クライアント数(4D Client ライセンス)を消費します。4D SQL Expansion を使用すれば, この制約を取り除くことができます。つまり, クライアントライセンスは従来型の4D接続用に残しておき, SQL接続は数の制限なく受け付けることができます。

リモート管理

新しいOPEN ADMIN WINDOWコマンドと, (圧縮後等に) リモートからデータベースを再起動する機能が追加されました。

サーバ側でのコード実行

新しいメソッド属性 "サーバ上で実行" は, サーバ上でメソッドを実行し, クライアントとの間で行われるリクエストの交換を大きく減らすことができます。