BLOGS

4D

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.158.55.5) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

4D Team Developer Expansion

4D Team Developer Professionalサーバーに同時接続数を追加する拡張クライアント

開発サーバーに対し、同時に接続できるリモート開発者の数は、インストールされているチームデベロッパライセンスの数によって決まります。(4D Team Develper Professionalには、当初2名分のライセンスが含まれています。)

 

4D Developer Professional

4D Developer Professionalには、4Dの標準的なデザインツールに加え、より高度なツールセットもすべてバンドルされています。これにより、コンパイルされた、つまりソースコードが完全に保護され、かつアプリケーション・パフォーマンスの優れたアプリケーションやコンポーネントを作成することができます。

4D Developer Professionalには、コネクティビティ・プラグインも含まれています。これらを使用すれば、さまざまなタイプの外部データソースとODBCあるいはネイティブインターフェイスを通して効率よくアプリケーションを接続することができます。

 

さらにパッケージには、プロダクティビティ・プラグインの4D Writeと4D Viewも含まれています。これらを使用すれば、アプリケーションにビルトインタイプのワードプロセッサやスプレッドシートなどを組み込むことができます。

4D SQL Desktop

4D SQL Desktopは、外部データベースに対するSQLクライアントおよびWebサービスクライアントとしてスタンドアロンの4Dアプリケーションを配布するためのものです。プロダクティビティ・プラグインの4D Writeおよび4D Viewライセンスも含まれています。
4D SQL Desktop
 

進捗バー

進捗バーの使い方を説明します。

この例題では4D v13に含まれる進捗バーコンポーネントの使用方法を説明します。

 

ダウンロード

4D Developer Professional

4D Developer Professional には, 4Dの標準的なデザインツールに加え, より高度なツールセットもすべてバンドルされています。これにより, コンパイルされた, つまりソースコードが完全に保護され, かつアプリケーションパフォーマンスの優れたアプリケーションやコンポーネントを作成することができます。

4D Developer Professional には, コネクティビティプラグインも含まれています。これらを使用すれば, さまざまタイプの外部データソースと ODBC あるいはネイティブインタフェースを通して効率良くアプリケーションを接続することができます。

 

4D Team Developer Professional

4D Team Developer Professional は, デベロッパチームの複数アクセスによる同時開発と効率的な作業をサポートする開発用サーバです。加えて, 4D Developer Professional のパッケージすべてが含まれています。

4D Team Developer Professional は, 平行して複数のデベロッパが同一のオブジェクトを同時に操作することを可能にします。データの整合性とストラクチャ・メソッド・フォームに対するアクセス は, 内部オブジェクト・レコードロック機構により守られているからです。

4D Team Developer Expansion

4D Team Developer Professional サーバに同時接続数を追加する拡張クライアントライセンス。

開発サーバに対し, 同時に接続できるリモートデベロッパの数は, インストールされているチームデベロッパライセンスの数によって決まります。(4D Team Developer Professional には, 当初2名分のライセンスが含まれています。)