BLOGS

4D V16

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.224.255.17) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

4D v16 OS対応表

Fri, 2017-01-06 10:57

4D v16 言語対応表

Fri, 2017-01-06 10:44

4D Mobile Server Expansion

in
4D Mobile Expansion(Wakanda Enterprise Serverと4D Connector Pro)は、WakandaがホストするWebアプリケーションと4D Serverバックエンッドを透過的に接続して、4DソリューションとWeb、モバイル、タブレットアプリケーションの世界を橋渡しします。

4D Mobile Expansionは、Wakandaの優れた機能をさらに拡大して、あなたのWebアプリに透過的な方法で4D Serverのテーブルやレコード、ビジネス・ロジックへ簡単にアクセスすることを可能にします。あなたの4DデータはWakandaによりローカルのWebアプリケーションとして扱われます。

 

4D for OCI Expansion

in
4DからOracleサーバに接続するためのコネクティビティ・プラグイン。

4D for OCIは、Oracleのデータおよびストラクチャに対するアクセスを4Dアプリケーションに付加するプラグインです。

 

4D ODBC Pro Expansion

in
4DからODBCドライバを介してSQLデータソースに接続するためのコネクティビティ・プラグイン。

4D ODBC Proは、基本的にどんなODBCアプリケーションとも接続することができ、簡単なクエリからトランザクションベースのクライアントサーバアプリケーションまで、ODBCコネクティビティを4Dアプリケーションに付加するプラグインです。

 

4D Web Services Expansion

in
Webサービスには、利用側と提供側があります。Webサービスを利用するための仕組みは、4Dに始めから備わっています。この追加ライセンスは、Webサービスを提供するためのものです。

4Dアプリケーションは、簡単なクリック操作をするだけで、DOCスタイルまたはRPCスタイルでWebサービスの公開ができます。セキュリティは、プログラミングで制御することができ、自動的にWSDL (Web Services Definition Language)を生成して公開することもできます。

 

4D SQL Expansion

in
4D Serverに対する外部からのSQL接続数を無制限にする拡張ライセンス

4D SQL Expansion は, 接続数の制限なく, 4D Server アプリケーションに対して外部からのSQL接続が確立できるようにするライセンスです。

 

4D Web Application Expansion

in
4Dアプリケーションに組み込まれたHTTPサーバーへの無制限接続ライセンスです。

4D Webアプリケーションは、極めて柔軟で包括的なビルトインWebサーバーだけで作成することができます。

 

4D View Expansion

in
4D Viewは、4Dアプリケーションに高度なスプレッドシート、およびデータビューアを付加するプラグインです。

スプレッドシートは値の計算、算出、解析をサポートし、データビューアは動的な入力インタフェース、計算式リスト、プリント可能なリストなどのプログラムによる生成をサポートしています。

 

数百におよぶ包括的なコマンドを組み合わせれば、4Dメソッドによるダイナミックな入力インターフェースの生成や、クイックレポート出力も可能であり、4Dアプリケーションに最高度のユーザインターフェース生成能力を付与することができます。

 

4D Write Expansion

in
4D Write は4Dアプリケーションに高度なワードプロセッサ、およびドキュメントマネジメントを付加するプラグインです。

4D Writeドキュメントは、4Dレコードのデータを参照することができます。たとえば、データベースから自動的に抽出された情報をテキストに差し込み、報告書や手紙を作成することができます。4D Writeは、別のウィンドウに表示し、独立したワードプロセッサ・アプリケーションのように使用することもできます。つまり、普通の文書作成ツールとして使用することができ、必要に応じてデータベースのレコードを参照することができるのです。