BLOGS

4D FOR FLEX

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.224.203.224) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

フランス語にローカライズされた4D for Flexはどこにありますか?

“新規にFB3をインストールしたFlexの初心者はfr_FRロケールを持っておらず、デモを実行したりコンパイルすることができません。”

 

Adobeは"fr_FR"ロケールを提供していません (日本語と英語のロケールのみがデフォルトで提供されています)。Adobeが提供する "copylocale"ツールを使用して独自にロケールを作成しなければなりません。

 

"Adobe Flex 3 SDK Command prompt"を使用する場合、以下のようにタイプします: copylocale en_US fr_FR


もちろんあなたのローケーるが自動で翻訳されるわけではありません。しかし正しい"fr_FR"ロケールが存在するので例題をコンパイルすることができるようになります。

4D for FlexとAdobe AIRでコンフリクトが発生します。

“4D for Flexを使用してAIRプロジェクトを作成しようとしたところ、コンフリクトが発生したようです。いくつかの4D for Flex'のクラスがAIR独自のSQLクラスとコンフリクトしているようです。SQLConnectがその例です。”


1) マニュアルで説明されているとおり、Flashレイヤと私たちが呼んでいるものを使用したアプローチはサポートされていません。

 

2) このAPIを使用したい場合は、この関数を回避策として使用できます:

 

private var _connection:fourD.sql.SQLConnection;
private function initApp():void { _connection = new fourD.sql.SQLConnection();

これはChristophe Coenraetsが作成したもので、私どもがSQLAdmin AIRを構築する際に使用したものです:

http://coenraets.org/blog/2008/02/sqlite-admin-for-air-10/

4Dがまた初めてを提供します

4D for Flex は, Flex アプリケーションとSQLデータベース間の直接接続を可能にする, 世界初の商用コンポーネントです。
4D for Flex development
Flex デベロッパはミドルウェアを必要とせ
ず, パワフルなSQLバックエンドを使用でき
るのです。

大きなプロジェクトでしばしば使用されるサードパーティーのコラボレーション技術の早くて確実な替わりの手段として, 4D for Flex は, 4Dデベロッパと Flex デベロッパ間の直接で直感的な共同作業を容易にします。そしてリッチなインタフェースをユーザに提供することができます。

 

新時代のリッチインターネットアプリケーション

4Dは信頼できる安定したスタンドアロンソフトウェアのプラットフォームとして評価を勝ち得てきました。

 

その後、クライアントサーバーコンピューティングの進歩に伴い、4Dはスタンドアロン版のアプリケーションとソースコードがそのままクライアントサーバーに移植できるという画期的な方法で、巧みにその分野にも進出を果たしました。

 

ブラウザーベースのWebアプリケーション、AjaxやFlashなどの技術に支えられたリッチインターネットアプリケーション、Adobe Flexのようなツールを利用したリッチデスクトップアプリケーションなど、ネットワーク技術の新時代が到来しても4Dの基本姿勢は変わりません。

 

スタンドアロンワールドのために作成されたソリューション、その後クライアントサーバーに移植されたソリューション、その同じソリューションがまたしても最少限の手順だけで、今度はオンラインワールドのためのソリューションになるのです。