BLOGS

MARKETING BLOG

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.81.6.121) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

4Dウェブサイトユニバーサルログインについて

2010年8月より, 4Dウェブサイト(4Dフォーラムを除く)のサービスを利用するためのアカウントログインシステムが統一されました。パートナーセントラル, ドキュメントセンター, オンラインストア(日本を除く)は, 共通のアカウントで利用することができ, いずれかでログインすれば, すべてのサイトにログインステータスを持ち越せるようなりました。

 

下記のサイトは, ログイン後, 利用できるサービスが増えます。有効なアカウントは, 4Dソフトウェアのアクテイベーションに使用されたもの(メールアドレス+6文字以上のパスワード)です。そのアカウントがパートナープログラムの登録アカウントと同一のものであれば, パートナー向けのコンテンツが利用できます。

 

パートナーセントラル
http://partnercentral.4d.com

 

 

ログイン前

ナレッジベースの一般公開記事(Tipsや公開後時間の経過しているテクニカルノート)が閲覧またダウンロードできます。

 

ログイン後

製品ご注文方法の調整について

2010年8月より, 4Dライセンスのご注文方法に調整が加えられることになりました。製品のご注文をご検討いいただいているお客様に於かれましては, たいへん恐れ入りますが, ご注文の際, 以下の内容をご承知くださいますよう, 慎んでよろしくお願い申し上げます。

 

調整の概要

 

いままで:拡張製品は, 単品でも購入できました。

これから:拡張製品は, ご注文の際に対象製品のご指定が必要です。

 

拡張製品とは, 別のライセンス製品を拡張するライセンスのことです。具体的にはサーバーの同時接続クライアント数を拡張する4D Client Expansionライセンス, HTTPサーバー機能を付加する4D Web Application Expansionライセンスなどが相当します。拡張製品をご用命の際には, 拡張の対象となる製品のライセンス番号をご指定ください。

 

ライセンス番号のリンクについて

 

ご注文の際にご指定いただいた対象製品とリンクされた拡張製品のライセンス番号を発行させていただきます。そのようなライセンス番号は, 指定された対象製品との組み合わせでのみアクティベーションができます。

 

調整の目的

 

4D Summitに参加する10の理由

4Dの年間最大の行事である4D Summitへのご参加をまだ検討中でいらっしゃる方のために、ご決断していただくための理由をいくつか用意しました。

  • プリクラス: 4D v12の最も重要な機能について、この一日のトレーニングで深い知識を身につけましょう。

 

  • キーノートとロードマップ: 4Dの今後のプロジェクトと戦略について、それを決定している人物から直接話を聞く最初の人になることができます。

 

  • アンカンファレンス: リラックスした雰囲気の中で聴き、学び、あなたのソリューションをプレゼンテーションし、そして他のデベロッパーとお話をしましょう。昨年のアンカンファレンスは大成功を収めました。そこで今年も行われることが決定しました。

 

  • セッション: 幅広いトピックでも特定の事柄に深くフォーカスしたトピックでも、4D Summitのセッションは4Dテクノロジーの最先端です。真の意味で、それらは知識と発見の宝物となるでしょう。

 

4D OEM Desktop

4D OEM Desktopは, プロフェッショナルなデスクトップアプリケーションのボリューム配付を検討しているデベロッパ向けの上級なライセンスです。

 

OEM Desktop

 

OEMという名称が示唆しているように, このライセンスを使用する第一の意義は, 4Dブランドではなく, 自身のブランドを前面に打ち出すことです。具体的には, 4D Unlimited Desktop(4D Developer Professional)でビルドされたアプリケーションを終了する際のスポンサーメッセージが表示されません。またアプリケーションのユーザーインタフェースから4Dに関する言及やアイコン, ロゴマーク等を排除することができます。(特に操作しない限り, OEM Desktopは引き続きデフォルトのインタフェースを表示します。)

 

追加オプション

 

OEM Desktopは, 契約時に追加オプションを指定することにより, さまざまな機能を持たせることができます。4D v11/v12のOEM Desktopに追加できるオプションは下記のとおりです。

 

4D View

4D Write

4D Draw (WindowsまたはPPC Mac)

4D SQL

4D SQL Unlimited Expansion

 

4D Serverの有効なSQL接続クライアント数は, サーバーにインストールされている4D Client Expansionの空席数で計算されています。つまり, SQLログインとともにクライアント接続ライセンスが消費され, SQLログアウトとともにライセンスが空席になります。短時間で終了するセッションや, 限られたクライアント数だけが想定されるシステムであれば, デフォルトのライセンス管理で問題なく処理できるはずです。一方, 不特定多数のクライアント数が予期される場合や, クライアントサーバーとの併用システムの場合, SQLの最大接続数とクライアントライセンスのコストのバランスを取ることが困難に思えるかもしれません。そのような場合に効果的なのが4D SQL Unlimited Expansionです。 

  

4D SQL Unlimited Expansionがインストールされた4D Serverは, SQLログインによって4D Client Expansionの空席数が減少することはありません。つまり, SQLのライセンス上の最大接続数は無制限となります。(4D Clientの接続数が無制限になるわけではありません。)4D SQL Unlimited Expansionは, 外部デスクトップアプリケーション(4D SQL Desktop, 4D OEM Desktop, 他社製品など)との組み合わせで構成される大規模なデータサービスに向いています。

 

MyConnect 2.0およびPostgreSQL Plugin 2.0がリリースされました。

オランダのプラグインデベロッパPluggers Softwareは, MySQLおよびPostgreSQLに接続するためのプラグインそれぞれのv11版をリリースしました。

 

MyConnect Plugin 2.0およびPostgreSQL Plugin 2.0は, Unicodeやネイティブピクチャフォーマットなどのv11データタイプをサポートしており, 32,000バイトを超えるテキストも処理することができます。また, コールバックメソッドは, 4D v11コンポーネントになりました。

 

バージョン1.xからのアップグレード価格は200ユーロからとなっています。

 

※ サードパーティー社製品に関するお問い合わせは, 販売者または代理店へ直接ご連絡ください。

 

http://www.pluggers.nl/myconnect_plugin.html

 

http://www.pluggers.nl/postgresql_plugin.html

 

4D Lineがリリースされました。

数々の4Dユーティリティを手がけているe-Nodeは, 新製品「4D Line」のリリースを発表しました。

 

 4D Lineは, 次のような用途に向いています。

 

- 図面の描画

- 統計やグラフの表示

- 署名など手書きデータの入力

- 画像ファイルの編集

- その他

 

4D Lineはコマンドひとつですぐに使用することができ, 難しい設定等は必要ありません。グラフィックメニューも表示すれば, 画像の作成や変更ができるビットマップドローツールをユーザーに提供することができます。

 

前景, 背景, 塗りつぶしのカラー, およびラインの幅はプログラム側より設定することができ, 現在の値を読み取ることもできます。

 

プラグインのベンダーのe-Node社は, 簡単なビットマップドローツールをフォームレイアウトに追加できる「4D Line」をリリースしました。

 

標準的な編集操作(取り消し, やり直し, カット, コピー, ペースト, 削除)は, メニューと4D Lineコマンドの両方より制御することができ, 取り消しとやり直しは何度でも実行することができます。

 

Jsconf.eu

2009年11月7, 8日, ベルリンで開催されたヨーロッパ JavaScript カンファレンス Jsconf.eu に Wakanda を出展しました。4D社のアレサンドロ・モゴウ(Alexandre Mogaut)が担当した Wakanda のプレゼンテーションは各国から参加した JavaScript エキスパートからも好意的な評価を受けることができました。

 

ars technica 紹介記事の抄訳

 

Wakanda は, エンジンに SquirrelFish を採用した, エンド・トゥー・エンド JavaScript プラットフォームです。サーバサイドには JavaScript オブジェクトセッション管理, クライアントサイドには JavaScript オブジェクトブラウザが用意されており, そのための REST API は非常に優れたものでした。

 

原文

arstechnica.com/web/news/2009/12/commonjs-effort-sets-javascript-on-path-for-world-domination.ars

 

4D社のスライド

hmSVG

hmSVG はドイツのデベロッパ Heubach Media(ホイバッハ・メディア社)が開発した業務用の 4D v11 SQL コンポーネントです。4D Draw や 4D Chart の有力な代替ソリューションとして世界的に支持され, 現在, 最新バージョン3.0がリリースされています。

 

日本では, 2008年12月の 4D v11 SQL in-Depth セミナー(東京・大阪・博多)で紹介させていただきました下記のURLからサンプルダウンロードすることができます。(※ hmSVG のバージョンは2.0です。)

 

ftp.4d-japan.com/SESSIONS/4D_v11_SQL_in_depth_2008Dec/samples/draw_demo.zip

 

第8回 MONET 研究会

2009年11月28日, 鹿児島市天文館で第8回 MONET 研究会が開催されました。

 

MONET(Matsumura Ordering NETwork; モネ)は, 4Dで作成された病院向けのオーダリング/電子カルテシステムです。財団法人 磐城済世会 松村総合病院で開発され, 現在, 全国数十の病院で利用されています。特徴は, オーダリングに始まり, 多岐に亘る院内業務を統合管理することで, 病院経営の指標となるコスト情報を客観的に集計できる優れた分析能力です。また特筆すべき点として, 全国の病院が自由にダウンロードまたカスタマイズできるようコードがオープンソースで公開されています。公開されているソースコードは 4D 6.7 用ですが(2009年現在), 運用現場では4D 6.8, 2003, 2004版も存在し, v11移行プロジェクトも着々進行中です。