アジェンダ

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.196.47.128) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

 

       
   Monday, October 27, 2014
    Salon CD  
7:00 am Continental Breakfast
(River Terrace Room)
9:00 am   Pre-Class  
12:00 pm Lunch
(River Terrace Room)
1:30 pm   Pre-Class  
5:00 pm
   
   Tuesday, October 28, 2014
  Salon AB Salon CD Salon EF
7:00 am Continental Breakfast
(River Terrace Room)
8:30 am   Keynote  
10:00 am Coffee Break
10:15 am
11:15 am
12:15 pm Lunch
(River Terrace Room)
1:45 pm
2:45 pm Coffee Break
3:00 pm
4:00 pm
2:45 pm  
5:30 pm Welcome Reception
(Alamo Foyer/River Terrace Room)
7:00 pm
   
   Wednesday, October 29, 2014
  Salon AB Salon CD Salon EF
7:00 am Continental Breakfast
(River Terrace Room)
8:30 am   Keynote  
10:00 am Coffee Break
10:15 am
11:15 am
To Be Determined
12:15 pm Lunch
(River Terrace Room)
1:45 pm
2:45 pm Coffee Break
3:00 pm
4:00 pm
5:00 pm  
5:10 pm   Q & A  
5:45 pm  
6:00 pm Evening with 4D
(Knibbe Ranch)
10:00 pm
 
   Thursday, October 30, 2014
    Salon CD  
7:30 am Continental Breakfast
(River Terrace Room)
9:00 am   Post Class  
12:00 pm Lunch
(River Terrace Room)
1:00 pm   Post Class  
4:00 pm

 

Break-out Sessions 科目別セッション

 

4D in the Cloud

portrait

データベース・オペレーションをクラウドに移行する最も速い方法のひとつは、あなたの4D ServerをMicrosoft Azureに移すことから始まります。

VM上で動いている4D Server v14はまるでオンプレミスのように動作しています。そしてMicrosoft Azure上で稼働しているので、サーバーや保管、フェイルオーバー、バックアップのハードウェア・コストを負うことなく容量を拡張するメリットを受けられます。

このセッションでは、無料トライアルのMicrosoft Azure環境のセットアップ、4D Server v14のインストールとファイヤーウオールのセットアップ、インターネット上でユーザーの接続を許可するポートのルーティングなどをカバーします。

One of the fastest ways to move database operations to the cloud starts by moving your 4D Server to Microsoft Azure.

4D Server 2014 running on a VM works just like an on-premises version. And since it runs on Microsoft Azure, you receive the benefits of expanding capacity without incurring hardware costs of servers, storage, failover and backup.

This session will cover setting up a free trial Microsoft Azure environment, installing 4D Server 2014 and setting up the firewall and routing ports allowing users to connect over the internet..

Come and see how to leverage the cloud for your next 4D project.

プレゼンター Presenter:
Michael Morehead
Technology Strategist • Microsoft

4D Product Line Native In Cocoa – 64 Bit on Mac OS X

portrait

膨大なキャッシュ容量、新しい可能性があり、でも廃止された機能やいまや使われない古いテクノロジーもある...

4D製品ラインにまったく新しい64-bit版が登場し、ー4D Serverだけではなく、4Dと4D Volume Desktopも含まれますー、多くの新しい可能性を開きます。例えば、新しいネットワーク・レイヤーです。一方で、いくつかの古い機能、ASCIIモードなど、はもはや使えません。32-bitのMac製品ラインは完全な互換性を確保しつつ、64-bitのMac OS製品ラインは最新のテクノロジーにフォーカスします。4D社のR&D部門のディレクター、ロホン・エノーは識見を与え、既存のデータベースへの影響と準備を間に合わせることについて話をします。

Huge amount of cache usage, new possibilities – but also some obsolete features and old technologies not available anymore...

The brand new 64-bit version of 4D product line – and that’s not just 4D Server but 4D and 4D Volume Desktop as well – opens many new possibilities, such as the new network layer, while some old features, such as ASCII mode, will not be available anymore. While 32-bit Mac OS product line will ensure full compatibility, 64-bit Mac OS product line will focus on modern technologies. Laurent Esnault, the director of 4D’s R&D department, will give an insight view and talk about consequences for existing databases and how to prepare in time.

Presenter:
Laurent Esnault
Vice President of Research and Development • 4D SAS

4D v14 Upgrade Training Highlights

portrait

 

4D v14と4D v14 Rリリースの最も印象的な機能を見ていきましょう。たとえば:

  • マルチスタイル・テキスト・エリアから新しい4D Write Proまで:新しい4D Write Proは多くの人が利用している4D Writeの後継です。何年にも渡って新機能が望まれていましたが、それがどう動き、例えば、印刷やHTMLメールのエディターとしてどのようにアプリケーションで使えるのかをお見せします。
  • OS Xにおけるコード・サイニングはGateKeeperを使うオペレーティング・システムで推奨されています。これはコンピュータの感染からカスタマーを守るクールな方法です。なぜそれをするのか、どのように働くのか、どう使うのか、Mac OS X 10.9.5の新しい点を学びましょう。
  • 他の需要の多いインターフェイス機能はフォームに対するユーザー設定を記憶し、次にフォームを開いたときに再利用できることです。これが可能になったのは、4Dがフォームのジオメトリー(構造)を保存できるからです。フォーム・ジオメトリーの保存の仕方や、自分のプログラムと併せてよりダイナミックなインターフェイスを作る方法をお見せします。

See some of the most impressive features that come with 4D v14 and the 4D v14 R-releases such as:

  • From multi-style text areas to the new 4D Write Pro: The new 4D Write Pro is the successor of 4D Write, which many of you use. Over the years, you have asked for new features. I will show you how it works internally and how can you use it in your applications, for example, for printing or as an editor for HTML mail.
  • Code signing under OS X is recommended by the operating system using GateKeeper. This is a cool way to protect customers from infecting their computer. Learn why it's done, how it works, how to use it, and what's new with Mac OS X 10.9.5.
  • Another in-demand feature for the user interface is to remember the user settings for forms and reuse them when the form is opened the next time. This is now possible because 4D can store the form geometry. I'll show you how to store the form geometry and mix it with your own programming to get more dynamic interfaces.

 

プレゼンター Presenter:
Achim Peschke
Director of Technical Services • 4D Germany

5 JSON Tips That Will Change Your Life

portrait

JSONを別のテキスト変換フォーマットと考えるのは簡単です。しかし、新しい4Dビルドイン・サポート(とサード・パーティーのプラグイン)によって、JSONはあなたのプログラミング道具箱の中で強力なツールとなり得るのです。このセッションではいかにJSONを使って特定のプログラミング・チャレンジにアプローチするかについて話しをします。例えば再利用可能なコード、関連する多くのバリューを保存、そしてグローバルな変数の保存などです。あなたの作業のやり方を変えるかもしれません。JSONはもはやただのテキストではありません!

It's easy to think of JSON as just another text interchange format. But with its new 4D built-in support (and 3rd party plugins), JSON can become another powerful tool in your programming toolbox. This session will talk about how to use JSON to approach certain programming challenges: like reusable code, storing related-many values and global variable storage - and maybe change the way you work. It's not just text anymore!

プレゼンター Presenter:
Justin Leavens
President & CEO • Just In Time Consulting

10 Tips to Improve Your Web Design

portrait

4D v13における新しいHTTP Serverの紹介以来、4D Webプログラミングは簡単になっていません。しかし、多くのオプションを提供し、アプリケーションのデータをWebへ移行するプロセスは簡単になりました。10のデザインTipsで、Webアプリケーションの構築を学び、4Dから最高のパフォーマンスを引き出す正しい方法を学ぶことができます。

Since the introduction of the new HTTP Server in 4D v13, 4D Web programming could not be easier. It provides many options that ease the process of bringing application data to the Web. In 10 design tips, you will learn how to architect your Web application the right way to get the best performance out of 4D.

プレゼンター Presenter:
Add Komoncharoensiri
Director of Technical Services • 4D Inc.

Advanced Concepts & Uses of v14 Language Objects

portrait

JSON (JavaScript Object Notation)オブジェクトと4Dランゲージ・オブジェクトのサポートの導入において、4D v14で大きな前進がありました。これらの新しいテーマのコマンドは、オブジェクト・フォーム中のデータを作成し、処理するのに使われます。このセッションは進行が速いのでドキュメントに記載されている基本部分を越えて、深い部分、パワー、多用途性、4D中でこれらのオブジェクトの上級向けの利用まで提示します。

A huge leap forward took place in 4D v14 with the introduction of support for JSON (JavaScript Object Notation) objects and 4D language objects. The commands from these new themes are used to create and work with data in object form. This will be a fast moving session that will go beyond the basics described in the documentation and will demonstrate the depth, power, versatility and advanced uses of these objects in 4D.

プレゼンター Presenter:
Charlie Vass
Technical Services Engineer • 4D Inc.

Advance Templating Techniques

portrait

テンプレーティング技術を学び、あなたのデータをほぼいかなるテキスト形式でもアウトプットできるようにしましょう。JSON, XML, HTMLは序の口です。たくさんのコントロール・ループを使ってアウトプットの構築をコントロールします。新しく追加した任意のパラメータも使います。そして、あなたのテンプレートの内部に4Dコードを埋め込み、値を求めることができます。C_OBJECTをコマンドに対するパラメータとして使ってカスタマイズしたいくつかのSVGグラフィックスを構築することも含め、複雑なサンプルをカバーします。

Learn templating techniques to output your data in most any text format imaginable. JSON, XML, and HTML are just the beginning. You have the control to build the output using a number of control loops, newly added arbitrary parameters and now 4D code can be embedded and evaluated inside of your template. We will cover complex examples including building some SVG Graphics customized using a C_OBJECT as parameter to the command.

プレゼンター Presenter:
Roland Lannuzel
Program Manager & 4D Developer • 4D SAS

 

A Simple Rules Engine Using XPath

portrait

ほとんどのワークフロー・アプリケーションはコードあるいはデータの中にビジネス・ルールを適用しています。ダイナミックなビジネス・ドメインでは、すべての可能なビジネス・ルールをサポートするデータモデルを作成するのはチャレンジです。それでデベロッパーはよく「ハード・コーディング」に頼ることになります:ルールが頻繁に変わる場合はハード・コードされたルールは不便で高くつきます。

コンパイルされたコードからルールを取り出し、願わくばアドホック・クエリーをサポートするランタイム環境へ入れます。このプレゼンテーションは、4DのXMLとXPathのサポートを利用してパワフルでフレキシブルなルールを作り上げる、いままでにないアプローチをデモします。

Most workflow applications apply business rules in code or in data. In a dynamic business domain it can be a challenge to create a data model which supports all possible business rules, so developers frequently resort to 'hard coding’. In cases where rules change frequently maintaining hard coded rules is inconvenient and expensive.

Moving the rules out of compiled code and into a runtime environment which supports ad hoc queries is desirable. This presentation demonstrates a novel approach leveraging 4D's support of XML and XPath to create a powerful and flexible rules engine in 4D.

プレゼンター Presenter:
Tom Benedict
Technical Lead • Alere

Building a Scheduling Planner in Native 4D

portrait

スケジューリング、日程プランニングやカレンダー表示はデータベース・アプリケーションにとって一般的な機能です。ユーザーはモダンで反応のよい見栄えを期待します。4Dでこうしたフォームを作成するのはチャレンジでした。特にネイティブの4D素材だけを使ったデザインを目標とした場合には。

いまでは、プロフェッショナルな外見で、速く、反応のよいフォームをネイティブの4Dオブジェクトを使って作成することができます。これは標準的なアプリでよく使われるものと同じ種類のユーザー・インターフェイスを提供します。

このセッションでは、基本的なフォーム・オブジェクトでフル機能の、魅力的な、反応のよいスケジューリング・フォームを作成するテクニックを提示します。ドラッグ&ドロップでアポイントメントを追加・変更できるものです。提供するコードとサンプルは様々なシチュエーションに応用できるでしょう。

Scheduling, date planning and displaying calendars are common tasks for a database app and users expect a modern looking, responsive presentation. Creating these forms in 4D has been challenging especially if a design goal is to use only native 4D elements.

Now it's possible to create professional looking, fast, responsive forms using native 4D objects that provide the same sort of user interface common in standard apps.

This session will demonstrate techniques to use basic form objects to create a fully functional, attractive, responsive scheduling form supporting drag and drop to add and change appointments. The provided code and examples can be extended to work in a variety of situations.

プレゼンター Presenter:
Kirk Brooks
IT Manager • The Energy House

Boost Your 4D Application: Workshop Show & Tell (Part 1 & Part 2)

portrait
portrait

あなたのやりたいことを聞かせてください。私たちはそれに対してhmCalとhmReportsに何ができるかをお話しします。このセッションは素晴らしいグラフィック機能でいかにあなたのアプリケーションの後押しができるかがテーマです。あなたのやっていることをお話しください。あなたのアプリケーションをプッシュする新しい方法をプレゼントしたいと思います。

You tell us what you do and we tell you what hmCal & hmReports can do for you! This session is about how we can boost your application with tremendous graphical features. You tell us what you are doing and we present you a new way to push up your application.

プレゼンター Presenters:
Matthias Heubach
Heubach Media
Christian Sakowski
Heubach Media

Checklist For Using 4D Mobile: Things You Need to Know to Start

portrait

4D Mobileは最小限の努力で4DソリューションをWebとモバイルへ拡張するお手伝いをします。4D Mobileを使う前にチェックしておくべき項目は多くはありません。このセッションでは4D Mobileを使うための4Dソリューションの準備の方法と、4DとWakandaの間の接続の設定の方法をお見せします。またほかにも4DデベロッパーがWakanda Enterpriseを始めるにあたり知っておくべきことをお話しします。

4D Mobile helps you extend 4D solutions to Web & Mobile with minimal effort. There are only a few boxes to check before using 4D Mobile. This session shows how to prepare your 4D solution ready for 4D Mobile, and how to setup the connection between 4D and Wakanda. It also presents things 4D developers need to know about Wakanda Enterprise to get started.

プレゼンター Presenter:
Xiang Liu
Wakanda Technical Services Engineer • 4D Inc.

DataAnalyzer: High Precision Anatomy of 4D and Wakanda Data Files

portrait

すべての新しいDataAnalyzerはいかなる4DもしくはWakandaのデータファイルでも開くことができ、その内容のカラー・マップを描くことができます。データファイルにトラブルがあれば、すべての種類の矛盾をチェックし、見つけ出します。DataAnalyzerの統計の読み方を学ぶことで、ベストを得るための必要な情報をアプリケーションから入手します。スタンドアロンのユーティリティとして、インストールするものはなく、ストラクチャー・ファイルも不要です。データ・マップ、データ・アクセス・パフォーマンスと多くの統計;たとえばレコード・サイズ、年齢、ばらつき、移動性など、の理解をカバーします。

The all new DataAnalyzer is able to open any 4D or Wakanda Datafile and to draw a color Map of it's content. It checks for all kinds of possible inconsistencies and detects when your datafile is in trouble. Learn to read the DataAnalyzer statistics so you have the necessary information to get the best from your application. As a stand alone utility there is nothing to install and doesn't even need the Structure File. We will cover Understanding the Data Map, Data Access performance, and the many statistics like; Records Size, Age, Variability, Movability and more.

Presenter:
Jean-Pierre Ribreau
 

Data Cloning with SQL

portrait

このセッションでは、4D Serverからローカルのデータファイルのデータを検索・更新するSQLフレームワークを提供します。フレームワークを使うには、各クエリーにリターンするためにデータの行がいくつあるかを割り振るだけです。コードをレビューして、我々はフレームワークをどのように実装するかについて話し合います。

This session will provide a SQL framework for retrieving and updating data in your local data file from a 4D server. To use the framework you only have to assign how many rows of data to return in each query. The code will be reviewed and we will discuss how framework is implemented.

プレゼンター Presenter:
Chuck Miller
President • Informed Solutions, Inc

Extending the Backup Concept: A Look into Plan B, or "Crash In, Cash Out"

portrait

コンピュータは失敗します。情報システムにおいて最も重要な観点のひとつは復元力;目的の途中で発生するいかなる問題からも生き残り、復活する能力です。バックアップはただの道具で、この復元力を作り出すよく練られたプランの一部であるべきです。システムについてどう考え、アクシデントから独立したバックアップを作るかを議論します。準備をして、自分を鍛え、園ときが来たら何をすべきかを知り、最悪のシナリオにおいて受け入れられるコストと損失をいかに計算するかを知るのです。

Computers fail. One of the most important aspects of an Information System is it's resilience; it's capacity to survive and recover from any problem that gets in the way of its purpose. Backup is just a tool, and it needs to be a part of a well conceived plan to create this resilience. We will discuss how to think about your system and create accident-independent backups. Get prepared, train yourself, know what to do when the time comes and know how calculate the acceptable Cost and Loss in a Worst Case scenario.

Presenter:
Jean-Pierre Ribreau
4D Trainer & Consultant

From 4D to Wakanda

portrait

ひとりの4Dデベロッパーが4Dでソフトをビルドするところから、Wakandaでwebアプリケーションを構築できるようになるまでの旅をご覧ください。JavaScriptと4Dランゲージを比較し、マルチユーザーのサンプル・アプリのコードをレビューします。Wakandaは革命であり、我々が4Dでデスクトップ・アプリを構築するのに使ってきたコンセプトをweb開発に取り入れています。この4DとWakandaの並列を理解すれば、Wakandaでwebアプリを作るのに大きくジャンプ・スタートを切ることができます。

Take a look at one 4D developers journey from building software with 4D, to being able to build web applications with Wakanda. We'll compare JavaScript & the 4D language, and then review the code of a multi-user sample app. Wakanda is a revolution, taking concepts we've been using to build desktop apps with 4D and bringing them to web development. Understanding these parallels can give you a huge jump-start in building web apps with Wakanda.

Presenter:
Welsh Harris
Founder • CoreBits DataWorks LLC

Invest in your Systems with Inventive ToolKit

portrait

成功したアプリケーションはどれでもそれを使う組織・団体によりよいものを提供するために進化しなければなりません。最近の研究ではデベロッパーは自分の時間の50%以上をシステムの理解を分析したり取り戻すことに使っています。伝統的に分析はコードを読むか、シンプルなソフトウェアメトリックスを使うことで行われます。そのようなソリューションは使えるフィードバックを提供するのには不十分です。

Inventive Toolkitはソフトウェア分析の広範なプラットフォームで、詳細な結論を導く回答を提供してくれます。Inventive Toolkitはソフトウェア保守・進化のための分析の大きなスペクトルを提供します:

  • デベロッパーにパワーを与える:インパクト分析を変更、デッドコードの同定、ドリルダウン
  • コントロールの質:二重のコード、アーキテクチャの概観、ルールやバグ、、履歴データ、チェック・システム
  • エグゼクティブ・オーバービュー:アドバンスト・ダッシュボード、エボリューション・トレンド

Inrtentive Toolkitは広範囲のエンジン(パーサー、ツールビルダー、視覚化、メタモデリング、メトリック・ジェネレーター...)により、Synectiqueで、企業を特定したカスタマイズでもカバーできる新しい分析を配信可能です。

Any successful application must evolve to better serve the organization that uses it. Applications model the world and the world evolves therefore they must evolve. Nowadays, studies show that developers spend more than 50% of their time analyzing and recovering the understanding of a system. Traditionally analyses are done by reading code or use of simple software metrics. Such solutions are not adequate to offer actionable feedback.

Inventive Toolkit is an extensive platform for software analysis and it is conceived to provide answers that lead to concrete decisions. Inventive Toolkit offers a large spectrum of analyses for software maintenance and evolution:

  • Empowering developers: Change impact analysis, dead code identification, drill-down
  • Controlling quality: Duplicated code, architecture overview, rule checking system, bug and history data.
  • Executive overview: Advanced dashboard, evolution trends.

Inventive Toolkit’s extendable engines (parser, tool builder, visualization, meta modeling, metric generators...) allow Synectique to deliver new analyses to cover any company-specific customizations.

プレゼンター Presenter:
Stéphane Ducasse
Synectique

Labels Revisited

portrait

PRINT LABELコマンドは10年ほど使われていますが、いまでに幅広く使われています。そろそろ何か新しいことにトライすべきではないでしょうか。宮古が彼のトリックと知識(プラグインはなし!)のすべてを解き放ち、4Dを使ったラベル印刷についてよりよい方法を見つけ出します。v13とv14のどちらもカバーします。もしラベル印刷に特別に他の手段を使う必要がなくても、持ち帰るに値するすばらしい4D技術のTipsを多く得られることでしょう。

The PRINT LABEL command has been around for decades but is still widely used. Well, maybe it's about time we try something new. In this session, Keisuke Miyako will unleash all his tricks and knowledge (but no plugins!) to find out if there are better ways to print labels using 4D. Both v13 and v14 will be covered. Even if you do not have any particular needs to print labels using alternative methods, there will be plenty of good 4D engineering tips during the talk to take back home.

プレゼンター Presenter:
Keisuke Miyako
Technical Account Manager • 4D Japan

New Network Layer

portrait

(あるいは...私は如何にして心配するのを止めて車のタイヤ交換を愛するようになったか...走っている間に...フル・スピードで...高速車線で...夜中に...ライトを消して!)

新しいネットワーク・レイヤーはどこにでもある。どんな種類の可能性をもたらしたのか?メモリーとCPUの使用をよりよく管理するのに役立つのか?個別の4Dクライアント接続を後回しにするのに役立つのか?作業負荷をよりよく扱うヘルプとなるのか?64-bitの4D Server Mac版を実現した?ネットワーク・フロントに関する4Dの努力について、これらの質問や他の質問に私が応えます。

(or... How I stopped worrying and learned to love to swap a car's wheels. While it's running... At full speed... On a high-speed track... In the night... With the lights off!)

The new network layer is everywhere. What kind of possibilities will it bring? Will it help better manage memory and CPU usage? Will it help postpone individual 4D Client connections? Will it help handle the workload better? Will it make the 64-bit 4D Server on Mac a reality? I'll answer these and many other interesting questions regarding 4D's efforts on the network front!

Presenter:
Sergiy Temnikov
Software Architect & Project Manager • 4D SAS

A Real World Wakanda Application in Action

portrait

既存の4DソフトウェアのWebアプリケーションを作成するのは苦痛になりえます!できるだけ多くの既存のコードを再利用しようとするのは痛みを和らげるキー・ファクターのひとつです。このセッションではTOPIX WebSolutionのショウケースとして、TOPIX:8 ERPソフトウェアのWebバージョンを紹介し、企業/担当窓口の管理から始まり、対応やカレンダーまでお見せします。私たちがなぜWakandaを使うのか、その考え方やデザインと開発プロセスの中での経験を共有したいと思います。

Creating a Web application of your existing 4D software can be a pain! Trying to re-use as much existing code as possible is one of the key factors to lessen the pain. This session showcases the TOPIX WebSolution, the web version of the TOPIX:8 ERP software, starting from companies/contacts management to correspondence and calendar. We share our thoughts on why we used Wakanda and our experience made during the design and development process.

プレゼンター Presenter:
Michael Hong
Senior Web Software Engineer • TOPIX Business Software AG

R-Releases: The New Development Cycle

portrait
portrait

4Dはいま新しい時代へ突入し、頻繁なRリリースを含む革新的な4D製品サイクルをスタートしました。アジャイル開発にインスパイアされて、4Dエンジニアリングは、3-4ヶ月ごとにテスト済みの新しい機能をもった安定したバージョンを提供するために、総合的に内部の開発プロセスを改定しました。このセッションに参加して、新しい4Dの内部開発プロセスを見てみましょう。カスタマーとしてのあなたに得るものは多く、あなたのプロジェクトでも有利にはたらくことでしょう。

4D is now entering a brand new era, revolutionizing the 4D product cycle with frequent R-releases. Inspired by Agile development, 4D engineering has totally renewed its internal development processes to provide you with stable versions every 3-4 months, with new features 100% tested and ready for production. Join us for insights in to the new 4D internal development process, learn the many benefits for you as a customer, and find out how you can take advantage of it in your projects.

プレゼンター Presenters:
Caroline Briaud
Program Team Leader • 4D SAS
Nicolas Robert
Team Leader & Senior Software Engineer • 4D SAS

SQL PassThru

portrait

このセッションでは、4DのSQLパススルー機能を使って、4Dストラクチャーで、ローカルのデータファイルの代わりに、リモートの4Dデータソースにアクセスする研究をします。この機能を使うとスタンドアロンの4Dデスクトップ・アプリケーションからSQLを使って4D Serverに接続できます。私たちは、待ち時間の長いネットワーク上で接続するときに、標準の4Dリモート接続メソッドを使う代わりにこの方法を使う利点を研究します。

すべてのクエリーにSQLを使うことと、ユーザーにすべてのデータを表示するのにリストボックスか変数を使うことによって、4D Serverへのユーザー接続が、4Dリモート・メソッドとスタンドアロンの4Dデスクトップ・インストールが混在するシチュエーションで働くひと組のコードを書いてくことができます。唯一の違いは、データソースを、ローカルのデータ・ファイル、あるいはリモートの4D Serverに設定することです。

社内アプリケーションを特定のサンプルとして見ます。アラスカ州全部に位置する200以上のリモート端末で構成されています。ほとんどがサテライト・ベースのリンクとして接続しています。これらの端末は本社オフィスで起動している4D Serverに接続するOEMデスクトップ・インストールを使います。さらに加えて、平均45台の端末が本社オフィスのLAN上に設置されており、同じサーバーに4Dリモート接続経由で接続します。全部がまったく同じ4Dストラクチャーを使います。待機時間がサテライト・ベースのリンク上で一方通行の700msの高さからLAN上で1ms以下まで変化する間でも、エンドユーザーの体験とスピードはとても似ています。

This session will explore using the SQL PassThru feature of 4D to allow a 4D structure to access a remote 4D Data Source instead of its local Data File. Using this feature allows a standalone 4D Desktop application to connect to a 4D server using SQL. We will explore the advantages of doing this instead of using the standard 4D Remote connection method when connecting over high latency networks, such as the internet.

By using SQL for all queries and by using List Boxes or Variables for displaying all data to the user, we can write one set of code that will work in situations where we have a mix of users connecting to a 4D server via the 4D Remote method, and via a standalone 4D Desktop installation. The only difference will be setting the data source to be either the local data file, or the remote 4D server.

For a specific example we will look at our in-house application, which consists of over 200 remote workstations located throughout the state of Alaska, mostly connected via Satellite based links. These workstations use an OEM Desktop installation to connect to a 4D server running at the HQ office. In addition there are on average 45 workstations located on the LAN at the HQ offices, connecting to the same server via the 4D Remote connection method. All use the exact same 4D structure. While latency varies from a high of 700ms one-way on the satellite based links, to less than 1ms on the LAN, the end user experience and speed is very similar.

プレゼンター Presenter:
Gary Pedretty
System Manager • Ravn Alaska

Sending SMS from 4D Using Clickatell API

portrait

あなたのCRMプログラムは少しフラットだと感じていますか?あなたのROIの結果に光沢がないですか?顧客との契約にもっとエネルギーを見たいですか?もしそうなら、いまこそ新しいアプローチで物事をリフレッシュしましょう。

2010年のニールセンの統計では世界の人口の71%、つまり53億の人がモバイル・ハンドセットを持っています。対照的に、インターネットの世界の統計では、わずか20億の人しかインターネットに接続していません。

このセッションでは、4D v14向けにデザインされた、Clickatell SMSゲートウェイを利用したコンポーネントをデモンストレーションします。デベロッパーはこれを既存のデータベースへ落とし込んだり、あるいは自分用に微調整するためにコードを研究することができます。

Is your CRM program feeling a little flat? Are your ROI results lack-lustre? Would you like to see a lot more energy in your customer engagement? If so, then it’s time to refresh things with a new approach.

Statistics from Nielsen in 2010 show that a staggering 71% of the global population or 5.3 billion people own a mobile handset, in contrast, according to Internet World Stats, only two billion people are connected to the Internet.

This session will demonstrate a component designed for 4D v14 that utilizes the Clickatell SMS gateway. Developers will be able to drop this into their existing databases or examine the code to tweak it for themselves.

プレゼンター Presenter:
Wayne Stewart
Technical Support & Training • 4D Australia

Squeeze Your Methods Dry with 4D Mobile

portrait

4Dデベロッパーは何年もコードを作ってきましたが、4D MobileによってこのコードをWakandaを通してwebやモバイル・デバイスで再度使えることに感謝しているでしょう。

4D v14のWakanda RESTサービスはテーブルやフィールドだけでなくメソッドも公開できます。4D Mobileを経由して、どのように4Dメソッドを公開して、Wakandaで使用するかを見てみましょう。また、4D内で何に注意して、いかにJavaScriptの反応を処理するかを特定のサンプルで表示します。

4D Developers have been creating code for years and thanks to the way 4D Mobile was designed this code can be reutilized from the web or mobile devices through Wakanda.

The Wakanda REST Service in 4D v14 allows publishing not only tables and fields but also methods. We will see how to publish 4D methods, via 4D Mobile, to be used with Wakanda . It also presents what to bear on mind within 4D and how to process the response on the JavaScript side with practical examples.

プレゼンター Presenter:
Angelo Caroprese
Regional Technical Manager • 4D Columbia

The 4D Open-Source Code Sharing Project

portrait

4Dデベロッパーのプールは小さく、さらに小さくなっているかもしれません:4Dデベロッパーの平均年齢は上昇しています:自然減によりデベロッパーがドロップアウトしていますし、喪失を埋め合わせるだけの新しい4Dデベロッパーを呼び込めていないかもしれません - ましてコミュニティの拡張なんて!

4Dを使って、4Dを教えて、4Dデベロッパーやカスタマーのコンサルティングをして30年が経ち、4Dコミュニティが大きくなれないのは4Dがパワフルになったために新しいデベロッパーには「理解する」のが難しすぎるからだと考えています。新しい4Dデベロッパーが、プロフェッショナルな、フル機能のアプリケーションを開発できるまでに熟練するには最低でも5年は必要だと見積もっています。5年です!

その時間を5ヶ月に短縮できるでしょうか?できます!他の多くの開発コミュニティがやっていることによって。つまり、オープンソースのプールをセットアップして、デベロッパーがお互いに自由にコードを共有するのです:いわば「JQuery for 4D」です。

私はすでにOpen-Source Development Shell (4DAPPBUILDER PRO)に貢献しています。Success Handbook for 4D Developers、(4D for Fun & Profit)、そしてSummitによって次のこともできる予定です:Structure Updater、総合的なユーザー・マニュアル、総合的なDBAハンドブック。このサミットでは、4Dデベロッパーのコミュニティがいかにしてこのオープンソース、コード-シェアリング・エフォートに参加できるかをお見せして、デベロッパーに参加を促したいのです。 

The 4D developer pool is small, and it may be getting smaller: the average age of 4D developers is increasing; developers are dropping out due to normal attrition, and we may be just barely bringing in enough new 4D developers to replace the losses - let alone expand the community!

After 30 years of using 4D, teaching 4D, and consulting to 4D developers and customers, I believe that the biggest reason the 4D community is not bigger is because 4D has become so powerful that it is too difficult for a new developer to 'get his/her head around.' I estimate that it takes at least 5 years for a brand new 4D developer to become proficient enough in 4D to produce a professional, full-featured application. Five Years!

Can we cut that time to 5 months? Yes! By doing what many other development communities have done: setting up an Open-Source pool where developers can freely share code with each other; a kind of 'JQuery for 4D.'

I have already contributed an Open-Source Development Shell (4DAPPBUILDER PRO), a Success Handbook for 4D Developers, (4D for Fun & Profit), and I will have the following done by the Summit: a Structure Updater, a generic User Manual, and a generic DBA Handbook. At this Summit, I want to show the 4D Developer Community how they can participate in this Open-Source, Code-Sharing effort, and I hope to convince developers to join the effort.

プレゼンター Presenter:
Walt Nelson
Owner/Consultant • Walt Nelson & Associates

Troubleshooting at the Engines Core

portrait

4Dのコアという深奥へ潜って、データベース・エンジンのもっとも基本的なオペレーションのトラブルシューティングを行います。あなたの4Dアプリケーションがリソースに飢えているのはどの箇所なのかを学び、どのオペレーションがそのポテンシャルに対してパフォーマンスを妨げているのか正確に知りましょう。あなたのアプリケーションにとってもっとも効果的な変化をもたらすために必要な情報を与えてくれるのはどれか?4D v14 R3で始まる新コマンドから見いだしましょう。

Dive deep in to the core of 4D to troubleshoot the most fundamental operations of the database engine. Learn where your 4D application is starving for resources and find out exactly what operations are preventing it from preforming to its potential. Discover the new commands starting in 4D v14 R3, which will give you the information you need to target the most effective changes for your application.

プレゼンター Presenter:
Roland Lannuzel
Program Manager & 4D Developer • 4D SAS

Unit Testing

portrait

ユニット・テストは、アプリケーション開発の質と安定性を確実にする主要な要素の一つです。このセッションの中であなたは4D開発チームが現在使っているユニット・テスト・コンポーネントを見つけるでしょう。どのように動くのか、デベロッパーの観点からどう使うのか、そしてどうようにユニット・テストの実行を自動化するのかが分かります。

4Dのユニット・テストの内部プロセスについて学びたい、あるいはあなた自身の開発向けにユニット・テストを作成/改良したいと考えているなr、このセッションはあなたのためにあります!

Unit testing is one of the key elements to ensure quality and stability for your application development. During this session you will discover the Unit Test component currently used by the 4D Development team: how it works, how to use it from the Developer point of view and how to automate the execution of unit tests.

If you want to learn more about 4D unit testing internal processes or create/improve unit tests for your own developments, this break-out session is for you!

プレゼンター Presenter:
Nicolas Robert
4D Team Leader & Senior Software Engineer • 4D SAS

Using 4D in a Small Business

portrait

ビジネスには共有し管理すべきあらゆる種類のデータがあります。Scottは彼の小規模のビジネスでCRM、自動売上げ報告、顧客受注確認、クレジットカード・トランザクションや他のバンキングに4Dをどのように使っているかをお見せします。セールスと経理の間でいかにデータを共有しているのかを学びます。(なんというコンセプト!)このウォークスルーは多くのコア・テクノロジーをデモンストレーションします。例えば、リストボックス、SQL、SMTP、Webエリアです。加えて、4D Write、hmCal、hmTAPIなどのプラグインのよい使い方もお見せします。

Business have all kinds of data to share and manage. Scott will show how his small business uses 4D for their CRM, automated sales reporting, customer order confirmations, credit card transactions and other banking. Learn how data is shared between sales and accounting. (what a concept!) This walkthrough will demonstrate many core technologies such as List Box, SQL, SMTP, Web Area. Plus, good uses of the plugins, 4DWrite, hmCal, hmTAPI, as well as 4D Mobile.

プレゼンター Presenter:
Scott O’Connell
Division Manager • Mark C. Pope Associates, Inc. (MCP)

Using Sets & Selections

portrait

「セット」あるいは「名称のついたセレクション」:何を選ぶか?「セット」はローカルであるべきか、インタープロセスか、プロセスであるべきか?ネットワークでは何が起きているのか。メモリーでは?現在のレコードは何か。

このセッションでは、デベロッパーがあまり使っていないけれど「使える」ツールを使い、これらの疑問などに答えていきます。

A 'set' or a 'named selection': what to choose? Should a 'set' be local, interprocess or process? What is happening on the network? In memory? What is the current record?

In this session we will use tools available to developers, but rarely used, to answer these questions and more.

 
プレゼンター Presenter:
Olivier Deschanels
Senior Business Consultant • 4D SAS