4D

POST-CLASS

ポスト・クラス

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.156.67.122) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

あなたの4DアプリケーションをWebやモバイルに拡張しましょう

10月30日 – 全日

要約:Summary:

4Dの創設者でCTOでもあるロホン・リバルディエールによる4D Mobileについて深く学ぶ1日セッションにご参加ください。4DとWakandaの間のリンクとして、4D Mobileは、既存の4Dソリューションを未来の重要なプラットフォームすべて:Web、スマートフォン、タブレットにアクセス可能にするキーとなります。

このトレーニングでは、4D Mobileによって、新しいプラットフォームのすべてを初歩から学ぶ必要はありません。4Dを使うように簡単に、4Dソリューションのデータをブラウザー上で公開する最初のステップを学び、すぐにデータにWebページのエレメントを組み込むことができます。

デスクトップ、クライアント/サーバー・アプリケーションの論理的なエクステンションとして、サーバー内のビジネス・ロジックを含めたWebアプリケーションのビルドも習得できます。さらにこのビジネス・ロジック(例えば:4Dアプリケーション内にあるメソッドの呼び出し)にWebインターフェイスから直接アクセスするにはどうするのかを学ぶこともできます。自然と、どのようなブラウザー・ベースのインターフェイスからでもデータ上のすべての種類のオペレーション - 作成、編集、消去など - が実行できることになります。

スマートフォンとタブレットのようなモバイル・デバイス上のインタラクションは、デスクトップ・アプリケーションやWebブラウザーとは異なります。もちろん、iOSやAndroidユーザーがアプリにアクセスするために特別なタッチ式ウィジェットやナビゲーション・スキームについても習得します。

Join 4D’s founder and CTO Laurent Ribardière for a full day of in-depth learning about 4D Mobile. As the link between 4D and Wakanda, 4D Mobile is the key for brining your existing 4D solutions to the all-important platforms of the future: the Web, smartphones and tablets.

With this training – as with 4D Mobile – you will not have to learn a whole new platform from scratch. With the same ease of using 4D, you will learn to take the first steps of making your 4D solution’s data available on a browser – and then quickly bind Web page elements to your data.

You will learn to build a Web application that is a logical extension of your desktop, client/server application, including the business logic that resides on your server. You will also learn how to access this business logic (i.e. call the methods that currently reside in your 4D application) directly from a Web interface. Naturally, this means you can perform all sorts of operations – create, edit, delete, etc. – on your data from any browser-based interface.

Interactions on mobile devices such as smartphones and tablets differ from desktop applications and Web browsers, of course, so you will also learn about special touch-specific widgets and navigation schemes that will allow iOS and Android users access to your app.