4D

PRE- AND POST- CLASSES

4Dを深く知り、その先へ

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.80.137.168) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.
4Dのエキスパートでグル(導師)として有名なジャン・ピエール・リブロウ(通称JPR)のプレクラスで4Dの知識を深め、ポストクラスであなたのソリューションを簡単にモバイル分野へと移行しましょう。

プレ・クラス: The 4D Whisperer

11月25日 - 全日
あなたをエキスパート・モードでの4Dプログラミングのとても奥深い旅へご招待します。技術を習得することにより、開発するときにまったく新しいコントロール感覚にアクセスすることになります。このクラスはお見逃しなく!

 

4D - PHP - JavaScript: なまけ者向けの最も簡単な道を見つけましょう

  • Why use languages other than 4D? - なぜ4D以外の言語を使うのでしょう?
  • Identifying the most adapted PHP library - 最も適合するPHPライブラリを特定しましょう
  • Demining PHP libraries - PHPライブラリを克服しましょう
  • Grafting PHP on to 4D the painless way - PHPと4Dを結びつける痛みのない方法
  • When to use JavaScript - いつJavaScriptを使うのか
  • JavaScript and JSON: Read my lips, and get prepared - JavaScriptとJSON:唇を読み、準備しましょう
  • Getting rid of plug-ins - プラグインとはお別れしましょう

 

4D Server: The Fantastic Four(ファンタスティック・フォー)

  • How to get the best of the four integrated servers.最高の4つの統合サーバーを得る方法
    • Application server アプリケーション・サーバー
    • Database server データベース・サーバー
    • SQL server  SQLサーバー
    • HTTP server  HTTPサーバー
  • Cooperative vs pre-emptive  コオペラティブ vs プリエンプティブ
  • Synchronous vs asynchronous  同期と非同期
  • 4D vs SQL: Why, when and how to choose  4D vs SQL: なぜ、いつ、どのように選択するのか
  • The internal view of 4D optimizations, and how to get the most of it 4Dの最適化のインターナル・ビューとそのほとんどを得る方法


Working with 4D 4Dで作業する

  • Main rule: Don't swim against the flow, follow it  メインルール:流れに逆らわず、乗って泳ぐ
  • Optimizing the data: Fragmentation traps データの最適化:フラグメンテーション・トラップ
  • How to choose an index type: The hidden side of how it works インデックス・タイプの選び方:その作用の隠れされた面

 

ポスト・クラス: Building the Bridge Between 4D and Mobile  4Dとモバイルの間に橋を築く

11月28日 - 全日
最新のテクニックを徹底的にトレーニングし、Wakandaの助けを借りて(自然なことですが)、4Dソリューションをモバイル・デバイス、タブレット、スマートフォンで簡単に運用できるようになります。


The Bridge : When 4D meets Wakanda 4DがWakandaと出会うとき

  • Global view of the architecture 構造の全体的な構図
  • Building a Wakanda interface including 4D data 4Dデータを含むWakandaインターフェイスの構築
  • Connection between Wakanda Server and 4D Server Wakandaサーバーと4Dサーバーの関係
  • Transferring data between Wakanda and 4D: Detailed explanations Wakandaと4D間のデータ転送:詳細説明
  • 4D's new kind of variable: The object 4Dの新種の変数:The object
  • 4D objects & JSON objects: Structured data in variables 4DオブジェクトとJSONオブジェクト:変数の中のストラクチャー化したデータ
  • JSON syntax for 4D objects: Structured use of new commands 4Dオブジェクトに対するJSONシンタックス:新しいコマンドのストラクチャー化した使用
  • Using Wakanda forms for rich UI: Introduction to mobile business リッチUIにWakandaフォームを使う:モバイル・ビジネスへのイントロダクション
  • The easy way to move your business applications to tablets & phones あなたのビジネス・アプリケーションをタブレットとスマートフォンに移行する簡単な方法

 

Extending ccommunication between 4D and JavaScript 4DとJavaScript間のコミュニケーションを拡張

  • How to get the best of both worlds 双方の世界をどちらも手に入れる方法
  • Mixing oil and water: Yes we can! 水と油を混ぜる:できる!

 

Styled text objects : The line between text and word processing テクストとワードプロセッサーの間のライン

  • HTML tags everywhere どこでもHTMLタグ
  • Styled text indexing: Impact on size and speed, optimization, CSS スタイル化したテキスト・インデックス:サイズとスピード、最適化、CSSへのインパクト
  • Full text indexing: Helping 4D gain speed フル・テキスト・インデックス:4Dを速くする

 

Debugging and Optimizing: The same battle デバッグと最適化:同じ戦い

  • When slowness becomes a bug 遅いことがバグとなるとき
  • How 4D optimizes queries, and... いかにして4Dがクエリーを最適化し、そして・・・
    • How to help 4D to optimize queries, and...  いかにして4Dがクエリーを最適化するのを助けるか、そして・・・
      • How to optimize your own queries in the spirit of 4D いかにしてあなた自身のクエリーを4Dスピリットで最適化するか

 

Troubleshooting, new Toolsトラブルシューティング、新しいツール: Log and Monitoring ログとモニタリング

講師について

JPRは1985年から4Dで仕事を始め、数えきれないほどのトレーニング・プログラムを世界中で行ってきました。彼はアップル社からもアップル・ユーザーに対してデータベースの使い方やMacマシンでの管理ソフトウェアの開発の仕方についてのトレーナーに選ばれています。これまでコンサルタントから組織の重役まで莫大なキャパシティの中で活動してきました。例えばComsite、Mindscape、FIAT、FIAT、USB、BPN、フランス外務省、アメリカ海軍などの他にも、フランス、アメリカ、日本、オーストラリア、ニュージーランド、香港などたくさんの企業も含まれています。