4D V15

4D TEAM DEVELOPER PROFESSIONAL

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.167.253.186) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.
4D Team Developer Professional は, デベロッパチームの複数アクセスによる同時開発と効率的な作業をサポートする開発用サーバです。加えて, 4D Developer Professional のパッケージすべてが含まれています。

4D Team Developer Professional は, 平行して複数のデベロッパが同一のオブジェクトを同時に操作することを可能にします。データの整合性とストラクチャ・メソッド・フォームに対するアクセス は, 内部オブジェクト・レコードロック機構により守られているからです。

4D Team Developer Professional のクライアントサーバアーキテクチャは, サーバとクライアントのプラットフォームが Mac と Windows のどちらであっても, 同じように動作します。Macあるいは Windowsにインストールすることができ (ただし一度使用するプラットフォームを決定するともう変更できないことに留意してください), Mac クライアントと Windows クライアントの両方に情報を配信することができます。それぞれのクライアントは, 開発に使用されたプラットフォームがどちらであっても, ネイティブインタフェースの恩恵にあずかることができます。

 

 

含まれているもの

開発サーバーライセンス

開発用サーバと2ユーザ分のクライアントライセンスが含まれており, 2名のデベロッパまで同時にプロジェクトに携わることができます。サーバに対するクライアントの同時接続数は,  4D Team Developer Expansion ラ イセンスを追加することで拡張することができます。

 

4D Developer Professional

以下のものを含め, 4D Developer Professional 統合開発パッケージのアイテムがすべて含まれています。

  • メンテナンスアンドセキュリティセンター
  • コネクティビティプラグイン (4D for OCI, 4D ODBC Pro)
  • プロダクティビティプラグイン (4D Write, 4D View)
  • 開発および検証用のWebサーバー
  • 開発および検証用のWebサービスサーバー
  • 開発および検証用のSQLサーバー
  • リモートコンパイル

 

4D Team Developer Professional のリモート環境で, アプリケーションビルドやコンポーネントビルドを実行することはできませんが, パッケージに含まれている 4D Developer Professional ライセンスを併用することにより, スタンドアロンモードでアプリケーションビルドを実行することができ, 4D Unlimited Desktop あるいはカスタム版のクライアントサーバ実行アプリケーションを作成することができます。この場合, スタンドアロン版のライセンスは, 開発用サーバと同じマシンにインストールされる必要があります。

 

 

このライセンスでできること

4D Team Developer Professional は, 少人数のグループから大規模な組織まで, 同じプロジェクトに複数のデベロッパが同時に携わるようなケースに最適です。

 

BONUS!

 

開発ライセンスは4D Partner Programのメンバーシップに含まれています。4D Partner様へのサービス内容をご参照 ください。