4D V16 R2の新機能

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.227.51.103) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.
in

v16R2の新しい機能

64-bit最終版

スナップショットをサポート

使用を簡易に

よりスムーズなユーザーエクスペリエンス

 

4D Write Pro

水平ルーラー

書状をより高い精度で作成するために4D Write Proドキュメントのエレメントの位置調整を簡単にしました。新しい水平ルーラーでインデントや段落が可能です。

 エンタープライズ級のスナップショットをVSSでサポート

ボリュームシャドウコピーサービスを4D Serverでサポートし、インスタントでバーチャルマシンとVMWare vSphere (Hypervisor ESXi)もしくはWindows Server 2016と信頼できるデータ・コンテンツでスナップショットを作成できる

新しいオブジェクトデータベースの性能

オブジェクト・フィールドを、要素の基準を使ってクエリし、その属性に基づいてソートします。

フル機能の4D 64-bit

4D Developerと 4D Volume Desktopの Windows 64-bit版は ”最終"版としてリリースされ、64ビットに完全対応します。

 

よりスムーズ&ベターなユーザー・エクスペリエンス

新しいリストボックスのオプションで、選択した際のハイライトカラーを個別化。リストボックスのすべての属性のフルコントロールが全体的な開発を可能にし、プログラミングによって20の追加プロパティにアクセス可能。

Webエリアのレンダリング・エンジンはGoogleのBlinkをベースにして、拡大したユーザー・エクスペリエンスを提供し、新しいHTML機能をサポートしています。

クィックレポート・エディターの新しいモダンなクロス・テーブル・インターフェイスで簡単にレポートをデザイン。

デザイン環境で検索するときには改良されたユーザー・エクスペリエンス。

メンテナンス&セキュリティ・センター (MSC)の表示はデータに対してより統計的になりました。

4D v16 R2の機能をすべて見る


4D v16 R2をダウンロード                                         4D v16へアップグレード