warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.92.194.75) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

 

プラグイン作成セミナーは, 4D v11/v12を使用しており, プラグインの作成に関心を持っている方々が対象です。XCodeおよびVisual Studioを使用し, 4D Plugin Wizardで設定されたプロジェクトにC/C++/Objective-Cコードを追加してコンパイルまたビルドするまでの過程をマスターすることができます。オリジナルまたは既存のライブラリをアプリケーションに組み込むことを検討しているデベロッパは必聴の講習です。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。 

 

〜内容〜

 

■準備(v11/v12セミナー共通)

  • ローカルフォルダの場所を設定
  • 環境設定/デザインモード/ドキュメント
  • メソッドエディタ使用中, F1キーで参照

 

■プラグインの基本

  • インストール
  • 命名規則
  • 定数
  • ファイル構成
  • プラグインエリア(v12: 非推奨)

 

■プラグインウィザード

 

■ウィザードプロジェクト

  • プラグインIDと"kmapper.xml"
  • 名前のコンフリクト(重複)
  • 定数と引数リストのバインド
  • エクスポート

 

■プロジェクトの設定(XCode)

  • UTIの設定
  • 実行ファイル名
  • ターゲット名
  • プロダクト名
  • アーキテクチャ
  • デプロイメントターゲット
  • ビルドプロダクトパス
  • フレームワークの追加
  • ソースコードのファイルタイプ

 

■デバッグ(XCode)

  • ブレークポイント
  • カスタム実行ファイルの追加
  • Development設定
  • プラグインバンドルとPkgInfo

 

■プロジェクトの設定(Visual Studio)

  • ランタイムライブラリ
  • 呼出規則
  • ソースコードのファイルタイプ
  • ビルドプロダクトパス
  • DEP(データ実行防止)
  • 追加ヘッダファイルの特定
  • DLL(4DX)ファイル

 

■デバッグ(Visual Studio)

  • ブレークポイント 
  • コマンド(実行ファイル)

 

■実習

  • QRCODE

 

■データタイプ

  • スカラータイプ
  • 配列
  • テキスト
  • ピクチャ

 

■外部フレームワークの追加(XCode)

  • otool 
  • install_name_tool
  • ld

 

■外部ライブラリの参照(Visual Studio)

  • LoadLibraryEx
  • GetProcAddress
  • #pragma comment(lib, "...")

 

■資料