資料

スケーラビリティテスト

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.224.50.28) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

 

スケーラビリティテスト

How many simultaneous, active clients can 4D Server handle? This laboratory scalability test examines the limits of a real application on 4D Server v11 SQL.

4D v11 SQL Release 3のスケーラビリティ, 特にマルチプロセッサ処理の管理が向上したことに関する最近の発表ののち, 多くの方より 4D Server への同時接続数に関するご質問をいただきました。

仕様上, あるいは4Dのエンジニアが信じる限り, クライアントの同時接続数について4D Server v11 SQLは4D Server 2004のそれをはるかに上回っていることは疑いのないことです。しかしクライアント/サーバ接続の実際のユーザビリティは, 運用されているハードウェアと, アクティビティレベルやデータベースに接続した様々なマシンにより行われるリクエストに左右されます。

そのため私たちは, クライアント数の拡張を検討している顧客と共同で, スケーラビリティテストを行いました。4D 2004から変換され, 一切の最適化を行っていないこのテストの環境において, クライアント側から起動されたアクションの完全なコントロールを保持しつつ, バックエンドでは実際のアプリケーションを使用しました。

 


How Many Clients?How many clients can 4D Server v11 SQL
handle at once?

24プロセッサコアのマシンに4D Serverをインストールし, 500ユーザからの接続を行いまいた。それぞれのクライアントは非常に短い間隔で一連のビジネスタスクを実行し, 30分で一週間分の企業活動をシミュレートしました。
 

  • (ほとんどのトランザクションを発生させる) 主たる業務
  • 請求書の生成
  • 予約処理
  • 請求書整理のバッチ処理
  • 複合検索, ソート, および計算

 

補助的なロードテスト

先の処理と同時に, 以下の補助的なタスクも実行させました。
レコードの一括作成 (処理毎に50レコード)
トランザクション中のレコード一括作成 (処理毎に50レコード)

頻度

それぞれのクライアント上でそれぞれのタスクを5-20秒毎に繰り返し, 80-110のタスクを同時に実行できました。同時のプロセス数は2500に達しました。

クライアント #501

上記のテストの間, 500の自動クライアント処理を実行しつつ, 501番目のユーザがAdminおよびDesignerモードで接続, リアルタイムでのデータとソースコードへのアクセスをシミュレートしました。このクライアント接続は実際のユーザの流動性とユーザビリティを主観的に検証することを可能にします。 (データベースはインタプリタモードで実行されています。)

ハードウェア能力を制限したとき

一時的なサーバの能力減少をシミュレートするために, 24プロセッサコアマシンのうち8コアだけを有効にしてテストを再度行いました。

結果

24プロセッサを使用する場合, 4D Serverの最大CPUロードは15%から20%の間にとどまりました。
8プロセッサの場合も快適に動作し, 結果は予期される範囲内でした。CPUロードは45%から60%の間で, サーバが飽和状態になることはありませんでした。
501番目のクライアントのユーザエクスペリエンスは一定でスムースなものでした。すべての処理が普通の速度で行われ, 止まったり遅くなったりすることはありませんでした。テスト中500のクライアントにおいても同様の流動性がレポートされました (テストルーチンと並行する開発モードへの移行)。

まとめ

使用したハードウェア設定と, 市場の他のデータベースの典型的な要件のもとで, 4D Serverは問題なく500クライアントの接続を受け付け, 実際の環境で中断なく動作させることができました。
速度やユーザ接続数に関する限り, 既存のコードをより4D v11 SQLに最適化させてコンパイルすることで, より大きなパフォーマンスを得られることができるはずです。
たとえハードウェアが今回のテストよりパワーが少なかったとしても, 4D v11 SQLの新しいキャパシティの利点を得られます。

サーバ設定詳細

  • Dell Power Edge R900 (24コア)
  • 8 GB RAM
  • 300 GB HD – 15000 RPM – RAID 0
  • Windows 2003 Server R2 64-bit
  • CAT5 ネットワーク
  • 4D Server v11 SQL Release 3
  • 4Dに割り当てられたキャッシュメモリ: 1GB
  • データサイズ: 10GB データ + 5GB インデックス

 


 

 

他の資料を見る