資料

4D UNLIMITED DESKTOP

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.81.210.99) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

 

4D Unlimited Desktop

4D Unlimited Desktopを使用すれば、コンパイル済みあるいはインタプリタモードで動作するスタンドアロンシングルユーザ4Dアプリケーションを数の制限なしに配布していただけます。

4D Unlimited Desktopを使用すると、コンパイルされた4Dアプリケーションをユーザに配布することができるようになります。アプリケーションを実行するために、ユーザが別途4Dをインストールする必要はありません。4D Unlimited Desktopにはさらにオフィスアプリケーションを作成する際に必要となる4D Writeと4D Viewの配布ライセンスも含まれています。

 

4D Unlimited Desktopに含まれるもの

• SQLデータベースエンジン

• コンパイルおよびインタプリタアプリケーションのサポート

• オフィス・プロダクティビティ・モジュール (4D Writeと4D View)

• コンポーネントの利用

 

4D Unlimited Desktopを選択する理由

• 4D Unlimited Desktopは4D Developer Professionalと4D Team Developer Professionalに含まれています。追加のコストは必要ありません。

 

• スタンドアロンのシングルユーザアプリケーションを数の制限なく配布していただけます。

 

• MacとWIndows両プラットフォームに対応したアプリケーションの配布が容易 (両プラットフォーム用のライセンスが必要)

 

ライセンスに関する留意点

4D Unlimited Desktopはプラットフォーム毎にライセンスされます。クロスプラットフォームのアプリケーションを開発配布する場合は、WindowsとMacそれぞれに4D Developer Professionalの購入が必要です。そうすればMacとWindows両プラットフォームにアプリケーションを配布できます。


このライセンスでカバーされる4Dアプリケーションは、1独立して動作するシングルステーションのコンピュータに配布されなければなりません。4Dソフトウェアをサーバ、あるいはリモートサーバと通信を行うクライアントマシンに配置するためには、以下のいずれかの配布ライセンスが必要となります: 4D SQL Desktop、4D Web Application Server、4D Serverまたは4D OEM Desktop。. 詳細は使用許諾契約を参照してください。ご質問がある場合は営業部にお問い合わせください。


 

 

他の資料を見る