サポート

XSLTセミナー

XSLTセミナー開催のご案内

warning: file_get_contents(http://www.telize.com/geoip/54.166.232.243) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /var/www/www.4d.com/docs/includes/common.inc(1762) : eval()'d code on line 4.

 

XSLTセミナーは, 4D v11/v12を使用中であり, XMLプログラミングのスキルアップに関心をお持ちの方々が対象のトレーニングコースです。XMLを他のテキスト形式に変換するためのテクニックであるXSLTをマスターすれば, 用途に応じてさまざまな形式にXMLデータが加工できるようになり,ファイル出力の処理能力が飛躍的に向上します。特定のデータ規格に対応する必要がある業務アプリケーションの開発者は必聴のセッションです。

 

〜次回開催予定〜

 

このセミナーの定期開催は終了しました。

現在は内容の要約および関連資料を公開しています。

 

〜内容〜

 

■準備(v11/v12セミナー共通)

  • ローカルフォルダの場所を設定
  • 環境設定/デザインモード/ドキュメント
  • メソッドエディタ使用中, F1キーで参照

 

■準備

  • XSLTの例(ストラクチャ出力, ログ出力, GRAPH)
  • XSLTの仕掛け(XML, XSL, HTML)
  • XSLTの差し替え(XML→XSL→SVG)

 

■XSLTの基本

  • XMLで記述されたプログラミング言語
  • 実行前にXML, 解析, 妥当性検証, コンパイル
  • 要素はコマンド
  • 属性は定まっている引数
  • 要素の値は定まっていない引数

 

■XSLTの文法

  • コマンド要素
  • リテラル要素
  • XPathその1(コマンドの属性)
  • XPathその2(リテラルの属性の値)
  • 関数
  • 変数
  • 変数はXpathの短縮
  • 引数
  • 引数と変数は同じもの

 

■4DとXSLT

  

■実践

  • テキストの出力(要素)
  • テキストの出力(属性)
  • テキストの出力(式)
  • 引数の使用(数値)
  • 引数の使用(文字列)
  • 引数の使用(XPath)
  • XMLの出力

 

■XSLTコマンド

  • ノードセットを作成
  • セットを並び替え
  • セットを加工
  • 条件分岐
  • 設定

 

■いろいろなXPath

  • 要素
  • 属性
  • ワイルドカード
  • プレディケート

 

■XSLTコマンド

  • 条件分岐
  • format-number
  • sum
  • round
  • ceiling
  • floor

 

■XPath

  • 要素
  • 属性
  • ワイルドカード
  • プレディケート(叙述関数)絞り込み
  • 関数

 

■XSLT関数

  • 数値
  • 文字列
  • ノード位置

 

■拡張関数

 

■資料